2014/03/19

で、太宰治。…読んだか? とかきかれても、、、ねえ? (^_^;)


いるよね、こういうヤツ。あ、おれかもしれねえ。(^_^;)
青木無常でごじゃりまするん。


楽天リンク



きのうのつづき、というよりは、
太宰つながり、ってことで、ね。(^-^)

うん。NMB48の曲に、
「太宰治を読んだか?」という名曲があるのですよ。
あ、ご存知でしたか?
いい曲ですよねえ。

いや。ご安心を。太宰治を読んでなくても、
ぜんぜん大丈夫な楽曲です。
というより、太宰治を読んでいなかった少年が
おそらくこの曲の主人公だろうし。



私ゃNHKの「AKB48 SHOW」で
はじめてこの曲聴いたんですがね。

山本彩=さや姉の声と楽曲もあっていたし。

山田菜々、横山由依も加えた
三人の美しいコーラスの響きも、
澄明でシンプルな曲調とあいまって
その歌詞のセンチメンタリズムに相乗効果を与えている。



楽天リンク




公式の動画が見つからなかったので、
ここに貼ることができないのが残念でなりません。



そのかわり、というわけでもないけど、
こんな秀逸な論評を見つけたので、リンクしておきますよ。
この楽曲を聴いて、なんとなく感じていたことが、
ずばり言葉にされていて、爽快だったので。


ハフィントンポスト 2013年12月25日 20時15分
名曲「太宰治を読んだか」に綴られた秋元康の考える〈文化〉の本質とは?


いいですねえ。
本音いうと、こういう、自分では言語化できないことを
こんなふうに、ずばりと言語化してテキスト化できなきゃ…って
私などは忸怩たる想いであるんですがね。(`▽´)



楽天リンク




とまあ、本日はこんなところで。



え?
…で、おまえは、読んだのか? …って?
太宰治を。ですか?



読んだよ。
中学時代に。むさぼるように、読んださ。

内容、まったく覚えてねえけどな。(`▽´)



最後まで読んでくれてありがとう。
それでは、また~(^-^)/~~




楽天リンク









0 件のコメント:

コメントを投稿