2014/02/24

インダス文明の都“ハラッパー”で行われた発掘調査でわかってきたことと新たな事実


女性上位の文明だったのではないか、ということと、もうひとつは…?
青木無常でありますよ。



ところで。

インダス文明の都“ハラッパー”。
…って。

おい。
いま、思いうかべただろ。
“原っぱ”って。( ̄ー ̄)

てか、口にしなかったかもしれんが、
口にしなかっただけで、思いうかべただろ。

初めてこの都市名“ハラッパー”をきいたとき。( ̄ー ̄)



はー! すっきりした!
いいたかったんだ。
ずっと! ずぅぅうううううううううっと!




楽天リンク


んなこたどうでもいいんだよ。(^_^;)


ナショナルジオグラフィック April 30, 2013 の記事
インダス文明で新発見、女性優位と暴力


墓地遺跡の発掘調査で人骨調べてみたら、
わかったことが

・埋葬者の多くが外来者(多くは男性)

・先住民女性の隣に埋葬されている例も多い

このことから“婿入り”が多かったかもしれない、
てな推測に至ったんだとか。素人目だからか
わかんないけど、なんだか短絡的な推測、
の、ような気が、しなくもないんだけどね(^_^;)。

ま、でも、このことから、

女系優位の社会制度が存在した可能性がある
という話を、発掘なさった先生は
しているのだそうな。



楽天リンク




もひとつ。ニュース記事では文脈が乱れてるというか、
どうもつながりがわかりにくい部分があるので、
もしかしたら誤解があるかもしれないけど。

インダス文明、てのは、古代エジプトやメソポタミアとは
決定的に異なる特徴があると(従来は?)されていたらしい。

すなわち、暴力的な行為がほとんど
行われていなかった、という点。
破壊行為や戦争の記録もなかったんだって。

でも、こたびの調査で、それとは相反する
陰惨な実態が出てきつつあるんだとか。

その頭蓋骨から、棍棒のような武器でたたき割られた4~6歳前後の小児、激しい殴打によって陥没した成人女性、鼻骨を折られ鋭利な刃物で額に傷を負った中年男性など、当時ハラッパーには残忍な暴力の犠牲となった住人が何人もいた事実が明らかになった。
もっとも、記事の締め部分あたりによると、
これらの人骨が埋葬された時期は
インダス文明が衰退しはじめたころらしいから、
社会情勢の悪化も文明崩壊と関係あるんじゃないか、とも。



楽天リンク




法律、というより、刑罰が整備されていないと
暴力は野放しだろうからねえ。

女性も子どもも男性と同じく人権があるとか
弱い者いじめは悪、とか、残念ながら
それに見合わない刑罰の存在が周知されているから
実現しているだけの話。

抑止力がなければ、体の大きい者、
力の強い者ばかりがハバきかせるのは
どうしようもない事実。



上のニュース記事によれば、古代文明だって
男性優位社会がふつう、ってニュアンスだし。

インダス文明の“陰惨な側面”が、
衰退期に限ったことなのか、そうでないのか、
続報が期待される内容でありますよ。



楽天リンク




もっとも、ボノボは母系社会でマザコンの
おだやかな集団、てなニュアンスの特集を
テレビで見た例もあるからな。
古代の人間も、もしかしたら…?



 おまけ。


ナショナルジオグラフィック 2011年10月14日 の記事
[クイズ] モヘンジョダロの意味は?

モヘンジョダロは、ハラッパーとならぶインダス文明の
代表的な古代都市な。

楽天リンク



おまけなので、あっさり正解バラすと、
「死者の丘」なのだそうな。むろん、文明の当事者が
そんな呼びかたで自分たちの都市を呼んでいたはずもなく、
後世の人が人骨ころがる丘をそう呼びならわすようになったとのこと。

当時の都市名は…いまだ、謎のまま。



つーあたりで、本日は以上です。
最後まで読んでくれてありがとう。
それでは、また~(^-^)/~~




0 件のコメント:

コメントを投稿