2014/02/10

健康のこととか老いさきのこととか考えると甚だよろしくないんだろうけど、医者のことがどうにも信用できない


西洋医学がどうこう、とかいう以前の話。
青木無常でおじゃりまする。


楽天リンク



きのうの、脳脊髄液の話で、
ふと思い出したことがあってね。
わしはどうも、医者が信用できん。

つか、きらいなだけなんだろうけどね。
医者にかかる、という行為そのものが。(^_^;)

医者にかかるのが好き、という人も
あんまりいないかもしれないけど。(^_^;)



かなり以前のことなんだけど、CTスキャンを
撮ってもらったことがあってさ。
あるのよ、うちの近所に。マンションの一室で
予約もなしにCT撮れる内科がさ。

で、特に大きな異常はなかったんだけど、
副鼻腔炎を指摘されましてね。

簡単にいうと、鼻水が頭のなかに
たまってしまう病気、らしい。
私の場合、自覚症状はまるでなし。

ヤバイと、顔が、痛くなるらしい。
“顔”が痛むって、リアルな感じ(^_^;)。


楽天リンク



幸いにして、おれはそんな症状はいっさいなかった。
黄色い鼻水だって、まったく出てこない。
(あ! 無色透明の鼻水じゃねえか!(^_^;))
でも、放っといていいもんじゃないだろうし。

耳鼻咽喉科に通いはじめたんだけど、
一向によくならないどころか、もらった薬服んでると、
逆に具合が悪くなってしまってて。

で、主治医はその耳鼻科の院長。

かなりながいあいだかかってたんだけど、
原因がまるでわからず、何度も「虫歯がないですか?」と
きかれてたりした。

たしかに歯茎に腫れがあるんだけど、
歯医者にも何度もかかってて、虫歯ではないことは
確認したといっているにも関わらず
その院長、虫歯を疑っているご様子。

というより、どうやら原因がわからなくて
虫歯のせいにしたがっているらしい、と
だんだんわかってきて。

で、ある日、偶然別の医師に診てもらったら
「骨折してますね」とかいわれた。


楽天リンク



はあ?

わが耳をうたがいました。
骨折の判断元となったレントゲン写真は
院長も何度も見ている。私の目の前で。

にもかかわらず、何度きいても、
原因不明の一点張りだった。

それが、別の医師がひとめ診たとたん、骨折、と。

院長。
てめえの目が節穴なだけだったんじゃん!
と。(´ω`。)



楽天リンク




でも、骨折を指摘した医師も、特にそれを
どうすべきかとか、治療方針とかの話はなし。
その後の治療も、同じ薬。来院すれば
判でおしたように吸引。

あれ、気持ち悪いんだよね。

しかも、やったあとは必ず気分が悪くなるし。
放っておけば、いっさい症状ないし、
痛みとかもまるでないので、もう
通院するのやめちゃった。



ヤバイかなあ。



よい医者がいればいいんだけど、
以前ネットで調べて名医と評判だった歯科医にかかったときも、
対応がおざなりでひどかったからなあ。

医者への不信感、ハンパねえの。おれ。



楽天リンク




ガンが発見されても、入院しないよ。絶対。
でも痛いのはイヤだけどね。
どうすればいいんだろうね。

うちはガン家系らしいから、このさき
ガンになる確率高そうだし。

病は気から、じゃないけど、ガン、てのは
気に病んでるとホントになりやすい病気、とか
どこかで見た記憶もあるけどね。

グイン完結に執念を燃やしていた栗本薫女史だって
結局、逝かれてしまったからなあ。



楽天リンク



逝くときは、楽にいきたい。
いい夢でもみながら。ずっと、
そう願ってきてる。



急下降したまま本日は異常、いや、以上です。
最後までつきあってくれてありがとう。
それでは、また~(^-^)/~~




楽天リンク







0 件のコメント:

コメントを投稿