2014/01/13

ありやなしや? ランボルギーニ・カウンタック。こだわりぬいた内装、ギミックも満載の、10万円のミニカー


もちろん! あり! ですよ。
青木無常でございます。


kotaku 2014.01.05 12:00 の記事
現代の最新技術で作り上げられた工芸品。カウンタックLP400の超高級本格派ミニカー


当然のことながら、実物ではございません。
あくまで、ミニカー。
ニュース記事では、12万円と紹介されていますが、
楽天検索したら8万円代のものもあるようですね。

だから安価か? っていうと(^_^;)、
この値段ならもう、変わりませんよ、感覚的に(^_^;)。
ま、安いほうがいいでしょうけど。

ただまあ、価格ではありませんからね。
こういうのって。



カウンタック。

ランボルギーニ・カウンタック。
わしら、スーパーカーブームを知っている世代には
たまらん名前ですな。

ブームの火付け役となった
池沢さとしの「サーキットの狼」。


楽天リンク



無論、カウンタックもこのマンガで知った、
というか、一目ぼれしたんですが。

びっくりすることに、作中前半部でも、
もっとも盛り上がりを見せた公道グランプリ編で
初登場をはたすも、ほとんど活躍しない。

全国から腕自慢の“街道レーサー”が集まる“非合法イベント”(!)
公道グランプリという、考えてみれば
とてつもなくアナーキーな(^_^;)設定のレースに
印象的に登場はしたものの。

主人公である風吹裕矢の卓越したドライビングテクニックのもと、
ポテンシャルでははるかに劣るロータス・ヨーロッパに
軽くあしらわれてリタイヤ、という(^_^;)。



楽天リンク




にもかかわらず、スーパーカー、といえば
カウンタック!

という印象が強いのは、やはり
あまりにもスタイリッシュかつ未来的な
卓越したあのデザインが大きいでしょう。

一目みれば忘れられない、シャープにして優雅きわまる
あのフォルムは、正直な話、目になじみすぎて
ある意味、未来的デザインとしては
“あたりまえ”にすら感じてしまほどです。

そしてなによりも印象的なのが、
ガルウィング。

サイドミラーあたりを支点に
真上にひらくドアの奇抜さと美しさは
いまだにほかの、あらゆるスーパーカーの
追随を許さない。

あの洗練されたデザインは、まさしく唯一無二。

理屈ぬきで、古今東西あらゆる車のなかで
もっとも鮮烈な、芸術品、といってしまっても
過言ではありません。


楽天リンク



過言どころか、どんなに言葉を尽くそうとも、
カウンタックの美しさ、かっこよさを表現するには…。



そんなカウンタックのミニカーが
12万円で販売されている、という
上のニュース記事を見つけても、
意外感は特にありませんでしたね。

ついに、というか、やっと、というか。

出るべくして出た代物、というところでしょうか。
むしろ、いままでなかったの? そういうの。
というべきかもしれないくらい。



記事中には、格調高すぎる内装の写真にも
リンクされています。

ガルウィングとならぶ印象的なギミックである
リトラクタブルライトの開閉も再現されている模様。
のみならず、ヘッドライトが開閉と連動している、との記載も!



楽天リンク




正直な話。

たとえ巨万の富を得ようとも、
カウンタックの実物を入手するのは
想像のなかでとはいえ
二の足を踏んでしまうのではないでしょうか。

日本の公道で、あの車のステアリングを
握る勇気が出るかどうか、というハードルは
さておくにしても。

くだんのガルウィングドアは
見た目の優雅さに(ある意味)ふさわしい
繊細な取り扱いを要求するシロモノらしいです。
なにしろ、バタンと閉めたら簡単に壊れてしまうそうですし。(^_^;)

運転中に、突然ハンドルがとれてしまう、
という不穏な噂もきいたことあるし。(^_^;)

スーパーカー全般にいえることかもしれませんが、
あの低い車体に乗り込むだけですら、コツ、というか
手順が必要だし。(^_^;)

バックするときには、あの邪魔そうな
ガルウィングをひらいて、車体から
全身を乗り出さないといけないそうですよ。(^_^;)


楽天リンク



故障でもしようものなら、
とんでもない費用がかかるんですってね?(^_^;)

維持費だけで、なみの大衆車なんざ目じゃないって!

(^_^;)(^_^;)(^_^;)(^_^;)



ま。
買って飾っておくだけでも、充分。
という価値観にも、はっきりいって
否やをとなえる気には、なりませんが。



1/12サイズなら、日本の住宅事情にも
それほど抵触はしますまい。

10万前後の値段も、飾るために
実物を購入することを考えれば
きわめて現実的、というか、むしろ
庶民的にさえ思えてくるくらいだし!



楽天リンク




いや。
もちろんおわかりでしょうが。
私ゃ買いませんよ。(^_^;)

つか、買えない。(´ω`。)

実物はいうにもおよびませんが、
ミニカーもね。(´ω`。)



まあでも、アフィリリンクとはいえ、
こうして写真貼るだけでも、
楽しくてたまらんです。
少年の日の夢からは、ほど遠いな。(´_`。)



ミニカーくらいは買える日を夢見つつ、本日はこのへんで。
最後まで読んでくれてありがとう。
それでは、また~(^-^)/~~




0 件のコメント:

コメントを投稿