2013/12/28

内なる景色に光を当てろ! 会話で自殺を阻止するwebゲーム『Inner Vision』

本日はゲームの紹介でごじゃいますん。
青木無常でごじゃいますん。



しかも、不謹慎、と、とられかねない
危険なシロモノ。(^_^;)


kotaku 2013.03.03 00:00 の記事
会話で自殺を阻止するゲーム『Inner Vision』


自殺を考えている人間に話しかけられたら
あなたならどうする? を、そのままゲームに
してしまったのがこの『Inner Vision』。

webゲームなので、リンク先に飛んで
画面内をクリックすれば、すぐに
ゲームが始まります。あとは相手の話を
クリックし、選択肢を選ぶだけ。

会話で自殺を阻止するのが骨子ですが、
選択を二度まちがうとゲームオーバー。

で、ゲームオーバーになると
どうなるか、というと。
もちろん自殺の計画が実行される、と。



概要だけだと、不謹慎きわまりない感じですな。
でもこのゲームを開発したラオさんいわく

「これは自分のために作った作品で、これまでの数ヶ月間自分の持っていた、死に対する考えを表現したものなんだ」
と。
記事からは、ラオさんのひととなりは
よくわからないものの、興味本位のものとは思えない。



こういう記事が目につくこと自体、
私自身が死ととなりあわせにあり、
そしてその事実そのものから、癒されたい、と
強く望んでいる顕れであることは隠しようもない。

ま、隠すつもりもないがね。



死は醜悪なる現実。

ゲーム中で、案内人の“ヤマ”が語る言葉は
簡潔にして残虐。

それが真実かどうかは、おれにはわからない。



楽天リンク



おしむらくは、ゲームが英語で展開されている点で、
簡潔な英語とはいえ、内容がデリケートなだけに、
他国語で進行するにつれもどかしさも倍増する点。

おそらくは日本語に訳されたとしても
そのもどかしさは解消されるわけではないだろうけどね。



私がこのニュース記事を目にしたとき、
おそらく期待したのは、ゲームをプレイし、
相手の自殺を阻止することによって、
自分もまた、癒されること、だったのではないか、と思います。

まあ、そう簡単にはいかないんだろうけど。ね。



光があるのかどうかも不明なまま、本日はこのへんで。
最後まで読んでくれてありがとう。
それでは、また~(^-^)/~~





0 件のコメント:

コメントを投稿