2013/12/19

行動で示すのはいいが、ズレちゃあいないか?


おれもたいがいズレちゃってる人間だけどね。
青木無常でございますよ。


amazonリンク


愛情に疑念をさしはさむつもりはないんだけど。
でもこれは、あまりにも…。
ま、日本基準なのかもしれないけどね。


ロケットニュース24 2012年9月3日 の記事
愛情も生き方も言葉でなく行動で示す! 女の子の服を着たがる息子のために父親がとった行動を世界が絶賛


5歳の息子が、なぜか女の子のかっこうをしたがる。
スカートをはき、マニキュアをつけ
(ここの部分も、日本基準でみると…)、
しかもそのまま、外にも出たがる。

さあ、あなたが父親だったらどうする?
つー話。

で、この問題にさらされた
ドイツのお父さんは
まだ幼いわが子のために…

自分もスカートをはいて外出した。

…(^_^;)。



楽天リンク




たしかにすばらしい。
すばらしい父親だとは、思う。
でもこれって、問題の解決には
なっていないとしか思えないんだよなあ。

父親の認識している問題の焦点は

彼らの住む小さな田舎町では、我が子の話はすぐに広まって好奇の目に晒され、息子が辛い想いをするかもしれない。
という部分だよ。

お父さんが同じかっこうをして
いっしょに出かけてあげたとしても…
状況は同じ、というより、むしろ
ますます好奇の視線が集まることに(^_^;)。



学校とかにいったら、あの子のうちは
親子そろって…とか後ろ指さされるだろうし。

すくなくとも、日本では、そういう状況が
容易に想像されてしまうのだけどね。
お子さんは、かえって辛い想いをすることに
ならざるを得ない、と、思うのだけど…。



楽天リンク




ま、もっとも、ドイツのお国事情は
よくわからないけどね。

それに、女装趣味を堂々と楽しむことができる
状況を、幼少時のみならず、子どもの生涯をとおして
むりやりにでも作り上げよう、という話なら、
なきにしもあらず、かもしれないな。

イバラの道では、あるだろうけど。



その後どうなったのかも、ぜひ
継続的に報道してほしいところでは
あるんだけど。

ま、ないだろうな…。



その魂の気高さには敬服しつつ、本日は以上です。
最後まで読んでくれてありがとう。
それでは、また~(^-^)/~~




楽天リンク



楽天リンク








0 件のコメント:

コメントを投稿