2013/11/27

肥満者専用の自動車をつくったら…売れねえだろうなあ…(^_^;)

肥ってる人って、基本、やせるつもりはあるだろうから。
青木無常でございますよ。

私はどうかというと、小肥りな感じでありますよ。
二十代のころは、いくら食っても肥らなくって、
骨格がやせてるからだとかいわれて真に受けてたり
とかしてましたがね。


楽天リンク



やっぱり中年肥りってのは、正しい概念でした(^_^;)。

ま、最近は満足に飯も食ってないので、
若干やせてはきてますけど。
毎日満足するまで食事したりしたら、
相当いきそうな感じではありますなあ。



で、なんで肥満の話かというと、
なんとびっくり。肥ったドライバーは
衝突事故で死亡するリスクが高いんだとか。


楽天リンク




ロケットニュース24 の記事
「肥満のドライバーは衝突事故で死亡する確率が80パーセントも高い」という研究結果


BMI指数、とかゆわれても、肥満に関して
あまり真剣に考えたこともないのでピンと
きませんが。とにかく、この数値が高いと、
ふつうの人より80パーセントも死にやすいという分析結果。(^_^;)

なにをどう“分析”したのか、具体的な
ことが書かれていないのでよくわかりませんけど(^_^;)。

なぜ肥満体だと死にやすいのか、の理由は

「柔らかい体内組織のせいで、骨盤周りのシートベルトの締まりがにぶくなるため、前方に身体が投げ出されてしまう」
んだそうで。
てか、この結論も、どうやって導きだしたのか
興味がわく、というか、疑問に思えてならないですけど(^_^;)。


楽天リンク



まあ車の設計が平均的な人間を前提に
されている、というのも、漠然と
そうなのかなあ、という感じですが、
よく考えると男女の体格差もあるし。

そんなにちがうものなのか、という
疑問が、わかないこともない。

柔らかい体内組織、というのは
脂肪のことだろうし、じゃあ男性より
女性のほうが死亡率が高いのかという
疑問もわきますしね。


楽天リンク



ただまあ、ぶよぶよのジャバ・ザ・ハット
みたいな体型だとすれば、たしかに
硬い部分は少なくてシートベルト役に立たないカモ(^_^;)。



肥満者用に設計した車、てのも
アリかもしれませんね。

やせることをあきらめてしまった人も
少なからずいそうな気がするし、
となると、かれらが求めるのは
肥満していても楽に過ごせる環境。

電車のシートだって、肥満者には
きわめてきびしい大きさだろうし。

てか、デブ邪魔だし。
っつったほうが、わかりやすいだろうな(^_^;)。
暑苦しいし。ひでえことゆってるな(^_^;)。

数売るのではなく、少ないけど切実な
需要を想定しての、特殊設計。


楽天リンク



戦闘機のコクピットみたいな、
四点ハーネスのシートベルト、とか。
ベルト自体、幅広にして。
しかも、デブにもやさしい伸縮自在の安心設計!

どーすかね。
もうかりまっせ。
…もしかしたら(^_^;)。



わしゃ作る気ないので、本日はそろそろこのへんで。
最後まで読んでくれてありがとふ。
それでは、また~(^-^)/~~




楽天リンク







0 件のコメント:

コメントを投稿