2013/10/22

【中国】ニュース記事ではなく、実感としての、中国“人民”にとっての“日本人”

昨日のSNHの話から、強引に中国につなげます。(^_^;)
青木無常でございますよ。

ついで、ってわけでは、ござんせん。


楽天リンク



前から紹介する機会をうかがっていたのですが。
われわれ日本人の、中国人に対する誤解について
指摘されてるブログがありますので、
それをぜひ紹介しなければ、と、思っていたのでありますよ。


世界一人旅 中国旅行編 2013-10-16 20:54:27 の記事
「日本人の誤解 中国人の誤解」 中島恵著 を読んでの読書感想文


本を読んでの読書感想文、とタイトルにはありますが、
このかたご自身、中国によくいっていらっしゃるようで、
私も最近読者登録してから、更新を楽しみにしています。

で、日本人の、中国人に対する誤解。
一言でいうと、反日感情。

実際に中国のかたがたに、
そういう感情が蔓延しているのかというと、
そういうことはまったくといっていいほど
ない、らしい。

ではどういうことかというと、

反日でも親日でもない。つまりどちらでもない。
とのこと。


楽天リンク



さらにわかりやすい例えがあるので、
これも引用します。

極端な例だがあなたはバングラディシュのことをどう考えているかと聞かれた場合どう答えるだろうか。

多分「えーわからない」だろう。これと大差ない。
なるほど! でありますよ。
そりゃそうだ。考えてみれば(^_^;)。

反日デモとかにしても、ごく一部の
政府か党の関係者が上にあやつられてやっただけで、
“中国人民”に敷衍されるような
ことでもなかったようです。


楽天リンク



これも、わかりやすく日本人に
おきかえている部分があるので、引用。

日本もアメリカにより原爆を落とされた。恨みはないのか。
そりゃねえわ。(^_^;)

わしが子どものころは、原爆の恐怖とか戦争の傷跡とかも、
学校でけっこうくりかえし語られていましたがね。

正直な話をすれば、教科書に出てくること、
父母の世代が体験したこと、程度。
もっと若ければ、接点すらないかもしれんですね。

もちろん、恨みをもっている人もいるでしょうし、
それを非難したり時代錯誤と笑ったりはできません。


楽天リンク



けど、アメリカに原爆を落とされた日本人は、
全員アメリカを憎んでいる、とか、アメリカ人に
思われていたとしたら。

いや、それはないないない、とだれしもが
笑いながら否定するでしょう。

なるほどねえ、という感じでした。

現地にいって、現地のひとびとと接しての
ご意見ですから、これはニュースなどで
見かける意見とはまったくちがったレベルでの
実感、といっていいのではないかと思います。



あと、これもやはり同じ種類の、言葉。

また一般に中国人は人の言うことを無条件で信じない。
詳細は、上のリンク先の記事を
ぜひご確認ください。
最近、われわれに植えつけられた
“中国人像”が、激しく揺らぐことうけあいですよ。



楽天リンク




私も、一連の中国シリーズで、相当
“中国のかたがた”を落としたからなあ。
バランスの悪さは、感じていたの。

何回か言ってるけど、もともとは
中国のかたには好印象があったしね。

まあでも、業務移管した中国人の
働きかたには、いまでも文句が山積みであることは
くつがえしようのない事実ではあるがね(^_^;)。

そのへんも、むこうの事情とかをみれば、
また印象がかわる日も、あるかもしれない。



バングラディシュにいって以来、
イスラムのひとびとへのイメージが
がらりと変わった経験がありますが。


楽天リンク



現地にいかなくとも、類似の経験ができた。
世界メディアの功徳でありますな。



でも、JKTやSNHの、現地での状況とか
留学した四人の近況とかを考えると、
自分の目で渉猟しなければほぼ情報が
入ってこないことからすれば。

いくら膨大な情報に埋もれようとも、
やっぱり日本は、島国なのかなあ。

とも思う。



などと、強引に昨日の話題につなげたところで、本日はこのへんで(^_^;)。
最後まで読んでくれてありがとう。
それでは、また~(^-^)/~~




0 件のコメント:

コメントを投稿