2013/10/29

幅40億光年の意味不明な構造物「大クエーサー群」

宇宙って、ただでさえ意味不明なスケール。
わしのスケールはそれを超えるぞ( ̄ー ̄)青木無常でございますん。

超大質量ブラックホールが集まってひとつの巨大な構造物
を形成するとかいわれたって、なにがなにやら(^_^;)。


GIZMODO 2013.02.10 20:00
 の記事
宇宙最大の構造物発見、その幅40億光年。もう何がなんだか...


そもそも「超大質量ブラックホール」というもの自体、
もうすでに何がなんだかさっぱりなシロモノ。
すくなくとも、わしの脳の処理能力は
軽く凌駕しているというのに。


楽天リンク



それが集まって、って。

どれだけ巨大かと申しますと、クエーサーが楽勝で73個あるんです。幅は一番長いところで40億光年超...これは我々の住む天の川銀河と最寄りのアンドロメダ銀河の間の距離の1600倍に相当する
もう、意味わかりません(´ω`。)
ブラックホールが集まるってのは、
いったいどういう状態なんだか、
想像することもできんし。

ブラックホールが食いあいとかして、
どんどん巨大になってったり、とかは…
記事の内容からすると、
なさげな印象もあるんですがね。

あまりにも意味わからなさすぎて、
アインシュタインがピンチとか、
もお、どおでもいいですよ。



頭がパンクしないうちに本日はこのへんで。
最後まで読んでくれてありがとう。
それでは、また~(^-^)/~~




楽天リンク







0 件のコメント:

コメントを投稿