2013/09/19

最も派生シリーズが作られたTV番組は『ウルトラマン』なんだろうか?

いや、ウルトラシリーズ好きなのはまちがいないんだけどさ。
青木無常でありんす。



でも、疑問を感じてしまうのもたしかでねえ。


マイナビニュース 2013/09/12 の記事
『ウルトラマン』がギネス世界記録に認定、最も派生シリーズが作られたTV番組


ギネスの選定基準がどうかもわからんし。
そもそも「派生シリーズ」の数えかたにも
いろいろ選定のしかたがあるだろうし、で、
結論を出そう、てのにムリがあるのかもしれんけど、さ。

でも、どうしても疑問がわいてしまう。

仮面ライダーのが、多くね?
と。

いや、戦隊シリーズも入れてしまうと
収拾がつかなくなっちゃうから、
今回はパスね(^_^;)。

とにもかくにも、Wikipediaを情報源に
ウルトラシリーズ仮面ライダーシリーズ
私なりに、数えてみる。
あくまでも、私なりに、な。



で、内容がまたまたボリューミーになりすぎたので、
この項も二回にわけて更新します。

更新回数も稼げるしな!(^_^;)

まず本日は、ウルトラシリーズをカウントしてみた。
抜けが、それももしかしたらたくさん!
ありそうな気もするので、
なんかあったらどこででも教えて下さい!

よろしく!



楽天リンク





☆ウルトラシリーズ

1.ウルトラQ
2.ウルトラマン
3.ウルトラセブン

4.帰ってきたウルトラマン
5.ウルトラマンA
6.ウルトラマンタロウ
7.ウルトラマンレオ

8.ザ☆ウルトラマン
9.ウルトラマン80

10.ウルトラマンUSA
11.ウルトラマンG
12.ウルトラマンパワード

13.平成ウルトラセブン

14.ウルトラマンティガ
15.ウルトラマンダイナ
16.ウルトラマンガイア

17.ウルトラマンコスモス
18.ウルトラマンネクサス
19.ウルトラマンマックス
20.ウルトラマンメビウス

21.ウルトラギャラクシー大怪獣バトルシリーズ

22.ウルトラマン列伝シリーズ

23.ウルトラQ dark fantasy
24.ULTRASEVEN X
25.ネオ・ウルトラQ

26.ギャラクシークライシスシリーズ
27.ウルトラマンゼアス
28.ウルトラマンナイス


28作品。
以下、カウントのしかたについて概説。


楽天リンク


wikiでは他に「キャプテンウルトラ」や「怪奇大作戦」も
入れている部分があるけど、
「キャプテンウルトラ」は円谷プロではないし、
「怪奇大作戦」もウルトラシリーズとはいえないんじゃないかな。

また、「ウルトラマンキッズ」は
私的には「ウルトラシリーズ」とは別ものと思っているので
カウントには入れていません! ええ! 入れません!

でも、入れるとしたら、これで+3かな。

平成ウルトラセブンは

「ウルトラセブン 太陽エネルギー作戦」
「ウルトラセブン 地球星人の大地」
「ウルトラセブン誕生30周年記念3部作」
「ウルトラセブン1999最終章6部作」
「ウルトラセブン誕生35周年“EVOLUTION”5部作」

の5作品あるみたいだけど、
カザモリ・マサキがセブンになるか、という点で
大雑把にふたつに分けられるのではないか、
というのが個人的な意見。

でも、ややこしいので、
とりあえず一作品としてカウントしてみる。

ウルトラギャラクシー大怪獣バトルシリーズは
そもそも入れるか否かも考えなきゃいけないかもしれんけど、
後の映画版ウルトラマンで共演もしてるし。

で、「ウルトラギャラクシー大怪獣バトル」と
「ウルトラギャラクシー大怪獣バトル NEVER ENDING ODYSSEY」
の2作品あるって部分もあるけど、
もうややこしいので1つの作品として考えてみる(^_^;)。

「ウルトラマン列伝」これも迷うところだが、
内容は過去の作品の再編集版らしいので、
数には入れないことにしたかった。

というより、これを数に入れるとなると、
特番とかいろいろ他のものも入れなきゃならないと思うし、
そうなると本当に収拾がつかなくなる。
正直、あり得ないと思う(^_^;)。

しかし! これに
「新ウルトラマン列伝」が加わることによって、
話はさらにややこしくなる!

丸々新作の「ウルトラマンギンガ」が
この枠で放映されているらしく(^_^;)。


楽天リンク


もうこうなるとわけがわからんので、
これはもう「ウルトラマン列伝」シリーズとして
1つの作品とカウントすることとする!
するったら、する! いいから! もう!(^_^;)

ギャラクシークライシスってのは、映画のオリジナル作品
『大怪獣バトル ウルトラ銀河伝説 THE MOVIE』
『ウルトラマンゼロ THE MOVIE 超決戦!ベリアル銀河帝国』
『ウルトラマンサーガ』の3作品をひとつに数えてみた。

『ウルトラギャラクシー大怪獣バトル』シリーズとも重複するが、
ウルトラマンゼロが出てくるという点でひとつの作品、
と考えるのがよかろう、という考えかたで。

映画も各作品を1カウントとすべきかどうかも
実に、実に悩ましいところだが。

仮面ライダーなんてここんとこ毎年、どころか
年数本の勢いで映画作品つくられてるし、
OVAとかも加えると、圧倒的に有利になりそうなので、
ここはあえてこういう数えかたとする。

wikiには見当たらなかったが(見落としてただけか?)
ゼロにはOVAもあったはず。だけどこれも上に含まれることとする。



同様の理由で
『ウルトラマンティガ・ウルトラマンダイナ&ウルトラマンガイア 超時空の大決戦』
はカウントに入れない。

この作品は内容からして、
「ウルトラマンガイア」に含まれる
とすることにする。
するったらするってば!(^_^;)

チャイヨー関連の作品は、内容がよくわからんので
今回は無視! いろいろ迷惑かけられてるしな!(^_^;)


なお、ウルトラQシリーズも
数に入れていいのかどうかは若干微妙。

今回のカウントは「ウルトラマン」がベースになる以上、
ウルトラマンが出てこず、設定にも
(ネーミングを除いて)共通点がみられない
「Q」は別もの、と数えるべきなのかもしれない。

だが、そもそもウルトラシリーズの基点そのものが
「ウルトラQ」以外のなにものでもないわけで。

そう考えると「ウルトラマン」そのものが
「ウルトラQ」の派生シリーズ以外のなにものでも
あり得ないわけで。

ギネスがどうカウントしているのか知らないが、
これを外すのも、ちとあり得ない。

てか、心情的にも外せないしね。絶対に!



楽天リンク



異論はあるだろう。
あって当然。
私も迷いに迷って、とりあえずどうにもならないから
この数えかたにした、という意味しかない。

ギネスの基準がわからんので、
それを入手したらまたカウントし直すかもしれない。

とりあえず、これで!
というところです。
どうぞよしなに!



というわけで、明日は
仮面ライダーシリーズをカウントする。

すでに一部、愚痴めいたことを書いているが
こちらもまた難物なのよ(´_`。)
特番とか、ネットで公開されたスピンオフ作品とか、
いろいろ扱いが難しそうなのが山ほどありそうで(´ω`。)



なので本日はこのへんで!
最後まで読んでくれてありがとう。
それでは、また~(^-^)/~~




0 件のコメント:

コメントを投稿