2013/08/03

セイラムの魔女が魔女裁判の判事に呪詛をかけてその被害を子孫がこうむるというとばっちりムービー『ロード・オブ・セイラム』


ご訪問、コメント、ありがとうございます。
青木無常でありますよ。


地獄に、地獄に、地獄に堕ちろ!
豚ども、豚ども、豚ども、豚どもめ!

いや、映画とは無関係に、私が想像するメタルのイメージ(^_^;)。

つか、『マジカル・ラジオ2』の
矢神久美のイメージなんですがね、正確には(^_^;)


kotaku 2013.07.29 15:00 の記事
サイケデリックなホラー空間に堕ちよ。ロブ・ゾンビ監督最新作『ロード・オブ・セイラム』日本版予告編


ロブ・ゾンビ監督も、
マーダー・ライド・ショー』シリーズ、
リメイク版『ハロウィン』シリーズも、
わしゃ知らんのですがの(^_^;)。

何回もいってるけど、ホラーは大好きなので、
この映画も興味津々。

特にトレーラー序盤の、
だれもいないはずの部屋を横切る人影。
こういう演出、好きなんですよね。


↓ トレーラーの動画はこちら



様式美にこだわった映像も興味大。
ただし、トリップムービー、てのは、
波長があわないと退屈なだけになりそうな惧れは
なきにしもあらず。



話はかわりますが、冒頭でも触れた
SKE48のマジカル・ラジオ」シリーズ、
私は「2」がいちばん好きかな。

シリーズ全部おもしろいんだけど、
「2」は各メンバーの個性が出ているし、
ストーリーとかゲストも波瀾に富んでいて
いろいろおもしろかったなあ。

特に好きなのが、劇中、矢神が罵り言葉などに反応して、
ヘヴィメタルな紛争をしてギターを手に(手にしてるだけだけど(^_^;))
汚い言葉を叫びまくるシーンが大好きで(^_^;)。





上のニュースのリンク先にある
架空のヘビメタバンドのMVも、不気味でよろしい。
重くなるから貼らないので、
リンク先で確認してね。興味があったら。



セイラム、てのは、日本人にはなじみがないけど、
魔女狩りで有名なアメリカの都市で、
私は萩尾望都の『残酷な神が支配する』で
知りました。

あ、ただし『残酷な神が支配する』は
ホラーではないし、萩尾先生が得意なSFでもありません。
心理サスペンス、というか、愛憎劇、といったところかな。

主人公の男の子が義父に、最初に犯されるのが(^_^;)
セイラムの娼婦街のホテルでした。



前半はとにかくおもしろくて
かなりのめりこんで読んだんですけど、
義父と母が死んで、義兄が真相を知るあたりまでで、
それ以降は話がもたもたしてて、いまいちだったなあ。

いまいち、っつっても、萩尾望都にしては、
という意味で、おもしろさに関しては
そこらの凡百な作品に比べれば出色なんですけどね、後半も。



ああ。
漫画読みたい。
時間を気にせず、むさぼり読みたいなあ…

映画も、観にいきたい。
ビデオですら、観る余裕、なくなっちゃってる。

なぜこんなことになっちゃってるのか…(^_^;)。



忸怩たる思いとともに、本日はこのへんで。
それでは、また~(^-^)/~~









0 件のコメント:

コメントを投稿