2013/08/29

未来の人類・その3 未来のヒジュラ、そしてコーディネイテッド・チャイルド

わしゃ変容しとるのか、見当違いなことをしとるだけなのかよくわかんねっす。
どう思います?
青木無常様でごじゃります(^-^)。

楽天リンク


それでは、本日も、

kotaku 2012.07.12 23:40 の記事
人類はこのまま進化したらどうなるか? 10パターンの大胆予想

こちらの記事から、7と8を肴にして、
またまたいろいろ好き勝手に思いついたことを語るよ(^-^)。




 7.性別を超えた人間-未来のヒジュラ


以前このブログの
さらなるおぞまし生物発見! 宿主のDNAを上書きして性転換させてしまう恐怖の寄生バクテリア!
という記事で、バクテリアが
宿主を性転換させてしまう、という報告をしたけど。

今回のニュース記事の場合は、
みずから、それも自由に、好き勝手に
性を転換できるようになる未来図ってところだね。

楽天リンク


こういうジェンダーがらみのフィクションだと、
萩尾望都が強いイメージがあるね。

『A-A´』のなかの『X+Y』は
もろにそういう内容だったような気がする。
『11人いる!』のフロルは雌雄未分化の種族で、
大人になったら男性か女性に変容するって設定だし。

物語のテーマとは直接つながってはいなかったけど、
あの超名作『銀の三角』も
自由に性転換できる社会だったように思う。

あと、逆に男しか生まれない社会を描いた
『マージナル』ってのもあったねえ。

あ、それから『メッシュ』の主人公のメッシュも
赤ちゃんの時に癒着があって、最初は女の子と思われてて
実は男だったと判明しても、母親の頭がちょいと
イッちゃってるせいもあって女の子として育てられたって設定だったなー。

え?
アーシュラ・K・ル・グィン
…『闇の左手』だよな。

楽天リンク


読んだことはあるんだけど、
内容よく覚えてないんだよな。

きいたところじゃ、翻訳にも問題があるから、
とかゆわれたこともあるけどさー。
なんとなく、波長があわなかったかも(´_`。)

えええ?
ティプトリー?
ジェイムズ・ティプトリー・ジュニアですか。
ちょっと待っとくれ(^_^;)。

ティプトリーはパワーがありすぎて、
内容も深すぎるっぽくて、いまの私には
ちょいと手にあまるんで(^_^;)。

勘弁しとくんなはれ m(_ _)m

あ、ヒジュラね。
ヒジュラってのは、インド文化圏でいう
“半陰陽”とか“両性具有”を意味する言葉ですよ。

amazonリンク


詳細は、こちら(Wikipedia)で確認してみとくんなはれ。
いや。これも複雑で、一言二言じゃ語りきれねえし(^_^;)。
正直いえば、手にあまるのさ(^_^;)。

引用しといて、なんだがねえ(^_^;)。許せ。
引用したかったんだよ。




 8.遺伝子操作と人体改造競争-コーディネイテッド・チャイルド


ゲノミクスなんて言葉は、初めてきいたよ。
生殖と遺伝に関する研究、かあ。
小説で使えそうなジャーゴン。いいねえ(^-^)。

楽天リンク


オーダーメイドベイビーも、言葉の組合せとしては
初耳かもしれないねえ。

でも、そのまま使うのは業腹だったので、
コーディネイテッド・チャイルドという言葉を
勝手につくってみましたよ。

ガンダムSEEDでは「コーディネイター」と
呼称されていたけど、あんた、コーディネイターっつったら
インテリアコーディネーターとかカラーコーディネーターとか、
そういう使われかたで現状、あるじゃねえか。

でも、ニュース記事でも言及されているとおり、
遺伝子をいじって、自分の子どもを好き勝手に
デザインできるようになってしまうとなると。

これはもう、明らかにディストピアに直結。

楽天リンク


頭のできのよしあしとか、通ってる塾のブランド力とか。
そういう世界の延長しか、思い浮かばないもん。

それに、生まれてきた子どもは、
選べないんだぜ。なにも。
それこそ、親のエゴ、恣意そのもの。

現代社会でも、親のエゴや恣意で
子どもの精神はいい加減、歪められっぱなしだってのに。

外見や、特質までなんて。

楽天リンク


当事者として渦中に生まれてしまえば、
たぶん、それはそれで、あたりまえのことと
受容してしまうことになるんだろうけど、さ。

やっぱり、おぞましい。



というわけで、ディストピアに行っちまう前に、
本日はこのへんで。
最後まで読んでくれて、ありがとう。
それでは、また~(^-^)/~~



楽天リンク






0 件のコメント:

コメントを投稿