2013/07/28

まだまだつづくよどこまでも! 指原莉乃(HKT48)バッシングしてる奴らは実は指原ヲタとおんなじ心理



ご訪問、コメント、ありがとうございます。
青木無常でございますよ。


あー、本日のタイトルは、
いつも以上に意味はありません。
なんとなく語呂とか考えつつ
てきとうにでっち上げただけ。

ま、もしかしたら、けっこう
本質を突いていたりするかもしれませんがね(^_^;)。

なにしろ、俺様って、天才だし(^_^;)。

ふんす!

まとにかく、本日の記事の中身とは
ほぼ関係ありません。たぶん(^_^;)。



さて、昨日の指原概論
いかがでありましたでしょうか。
最近には珍しいことですが、
わしゃ、かなり自信ありますよ。

つーか、これ読んで俺様の価値に気づけ、
つー感じですね。

まあいまだ、青木無常様の価値に気づいてるかたは
きわめて少数にすぎないのかもしれませんが、
あとで頭がよくなってきたりしても、
あとの祭り、つーことになっても知らないよん( ̄ー ̄)

最近の私には珍しく(二回目!)
きのうのは入魂のブログでもありましたので。

タイトルも、集客とか考えずに
シンプルに「永遠につづく祭り」
だけにしようかとも思ったのですが。

入魂だからこそ、たくさんの人に読んでほしい
という気持ちも強かったので、
あえて集客的に強い「指原」という単語も
挿入した次第。





それはさておき、とりあえず
総選挙時の指原についてはひととおり
語り終えた感がなきにしもあらず、なのですが。

世間では指原ブームはつづいているようで、
毎日いろいろなニュースでにぎわっておりますです。



たとえば、こんなのとか。


RBB TODAY 2013年7月25日(木) 17時46分 の記事
指原莉乃、元カレとのエピソードを大胆告白……「カレーを作ってあげたことがある」


料理はしないとぬかしつつ、
カレーを作ってあげたことがある、と(^_^;)。

ま、カレーは煮込めばいいだけですからね。
わしも得意料理じゃ。
以前にも書いたような気がするが、
ビーフシチューを混ぜるとうまいのじゃよ(^-^)。


ニュース記事には
「トップとしての自覚を持て」という非難もありますが、
指原はこれでも必死に、自分なりにできることを
精一杯やっているのではないかな、とも思います。

ま、別に擁護してあげる気も、特にないですがね(^_^;)。





さらには、こんな発言もとりあげられております。


J-CASTニュース 2013/7/25 17:45 の記事
「悪口言われてお金が入る」「みんな男友達ぐらいいる」 指原発言でまた賛否両論巻き起こる


もう(^_^;)。

あきれてものもいえん。
てか、いっそすがすがしいほどに(^_^;)、
ヒールに徹しておりますなあ。

まあ、小林よしのりにしても、
俺様と同じように、指原を否定しているのではなく、
指原を不用意に押し上げてしまったファンの愚行を
あまりにも愚かすぎると非難しているだけだと思うし。

指原自身も愚挙をくりかえしていますが、
たびたび言っているように、渦中の人としては、
まとも、というかがんばっていると思うしな。

指原を押し上げて一位に据えたかたがたも、
そろそろ不安になってきてるんじゃないですかね?(^-^;)

すくなくとも、手放しに喜びっぱなしの連中がいるとすれば、
愚かにもほどがある、というもので。
あるいは、暴走しつつある愚挙を
野次馬的に喜んでるだけ、とか。



指原自身の気持ちや立場を考えれば、
心配でしかたがないと思うんですがね。



そんななか、珍しくメンズサイゾーが
秀逸な分析を掲載しておりました。


メンズサイゾー 2013.07.26 の記事
ヘタレの面影はどこにもなく、炎上必至の強気な発言を繰り返す指原莉乃の真意は?


いや、大部分は他のニュースの焼き直しだし、
ゴシップ臭ぷんぷんなのはいつもと同じですがね(^_^;)。

記事後半部分の
《最近の指原の言動を“ふっ切れたよう”だとしていますが、見ようによっては自暴自棄になっているようにも…。》
という箇所。

これ読んで、私は「なるほど」と思いましたよ。
景気よく強気一辺倒の発言ばかりが
最近は目立っているように思えますが、
指原は本質的に小心者だし悲観主義者。

だと見れば、自暴自棄、というのが
もっとも的を射た分析かも、と(^_^;)。





まあただ、実は小心者の悲観主義者
というキャラこそが実は演技で、
本質はイケイケの強心臓、という可能性も
ないとはいえないかもしれませんがね。

このあたりが真実なら、
指原の双面性も、説明つけやすいし。



ただなあ。
心配している人もいるけど、
「みんな男友達ぐらいいる」発言は
どう考えても、ひどい。

ごはんをいっしょに食べにいくくらい、
てのもおかしい。

この点については、後日、もうすこし掘りさげるけど。

アイドル、という立場を選択した以上、
この件に関しては根本的に、議論の対象にすら
ならないはず。

増田のように次のステップに進んだ人間は別だが、
その目が見えていないうちは、
自分のために、一般人が当然のように謳歌できる
ある種の自由を、みずから制限すべきであるはず。



アイドルだって彼氏いたっていいじゃないという
意見は、このあたりの視点が、根本的に、抜けている。

まあでも、現状、彼氏いても応援する、
という猛者は、かなり多くなってきているというか、
かなり顕在化してきては、いるのかもしれませんがね。



ただ、まだ、大きくは変わってはいないんじゃないかな。



いずれにしても、指原一人がヒールになるのは
好きにすれば、という感じだけど、
グループの、ほかの子たちにまで
火の粉を飛ばしかねない発言くらいは、自重してほしい。

その程度の計算、できないはずもないんだけど。

やっぱり、周囲が見えなくなっているのか。
それとも、アイドル、というものの定義を
みずから変えよう、などという壮大なことでも
考えているのか。

若い女の子が、恋愛ひとつできない状況は
たしかに当人たちにとっては、つらい。



だけど、その現状を変えるために、
アイドルというものを破壊しようとしても、
それは市場自体を縮小、もしくは消滅の方向にすら
もっていきかねない愚挙だと思う。

恋愛もしたい、歌も歌いたい、というのなら、
アイドルではなく、アーティストを目指すべき。

アイドルとして契約している以上は
市場そのものを破壊するなど
自分の会社を倒産に追い込むにも等しい愚行そのもの。

指原はそのへんをきちんと理解しているのか。

まあ、後輩たちのために、恋愛解禁しようとしている、
と仮定しての話だがね(^_^;)。

おそろしいほど、余計なお世話。



もひとつ怖いのは、指原が、
後輩たちに与えかねない影響。


Techinsight 2013年07月26日 11:00 の記事
【エンタがビタミン♪】「さっしーはどうして1位になれたの?」HKT48・兒玉遥の疑問にファンが回答。


HKT48の面子が、指原に全幅の信頼を
よせているらしいことは、この記事に限らずとも、
あちこちからきこえてきたりするし、それ以前に、
毎日彼女たちのぐぐたす(Google+)を見ていてもわかる。



わかるだけに、怖い。

兒玉の記事にしても、
文字どおりに受け取るなら、
指原を全面的に信用しているように見える。

もちろん、彼女たちが字面どおりに
指原信者と化しているのかどうかは不明。

むしろ、着々と階段をかけあがり、
人気も知名度も権力すらまといつつある指原に
おもねる部分があっても不思議はない。

というより、強い人間への追従であったりする方が
よほど健全だし、安心もできる。

ただ、実際のところどうなのかが、
いまひとつ見えてこないというか。
それこそ信者のように指原を信望し、心酔しているとなると、
これはちょっと危険すぎる“偶像”だからなあ。



記事中にもあるとおり、
指原を真似するような愚挙だけは、
彼女たちには冒してほしくはありません。



もっとも、指原の神経がまともに機能しているのなら、
自身から、自分の真似だけはしないようにと
きちんと指導していてしかるべきだとは思うし、
そうであることを切に願うんですがね。



それにしても、
《さっしーが1位になった理由を正確に言い当てられる人はいない》
というのは、禿同!

地域票の分析が、せめてできると
おもしろいかもしれないんですけどね。



さて、ちまたのテレビ番組では
おそらく毎日のように流れているであろう
「恋するフォーチュンクッキー」なんですが。

順位が気になってるのに、ちっとも
その手のニュースが流れてこないなと思っていたら。

発売は、8月21日なんですって?





…なんでだろう。
いまからでも、一ヶ月も先の話だぞ。
こんなに間があくことって、ふつう、あるのか?

いや、CDの発売時期だのセールスだの
よく知らんし興味もないからわかんないけど。

歌番組とかで流されまくってる現状だし、
下手すると、発売されるまでに
飽きられちまってぜんぜん売れなかったりとか。
あり得ませんか? どうでしょう?

JKT48で同日同曲リリース、てのはおもしろいけど。

と思ってちょいと調べてみたら。
一ヶ月くらいあくのは、けっこうふつうなのかな。

ま、いいや。
ふつうのことなら、このCDの売上やランキングが
指原の大きな試金石となる、つーことで
大丈夫だってんなら別に四の五のいう要もなし。

記録的な大ヒットにでもなれば、
それこそ指原様様ですしね。

私も含めて、えらそうなことぬかしたり、
バッシングしたりしてるヤツらが
面目なくすだけ(^_^;)。





ただなあ。


メンズサイゾー 2013.07.25 の記事
13億円の赤字!! AKB48の5大ドームツアーは失敗なのか!?


AKB48の五大ドームツアーが開幕」での懸念が
補強されつつある…。

私のような、奥のほうに
より興味をかき立てられてる人間にとっては、
AKB48はいよいよおもしろくなってやまないんだけど。

(AKBに関しては)底の浅いかたがたにとっては、
やっぱりもう、離れ時だったりするのかなあ。

モーニング娘。のときもそうだったけど、
テレビで見かけなくなってくると、
どうしても興味を維持できなくなってきてしまうから。

ハロモニ。がどんどん縮小していくのは
たまらなく寂しい現実だったんだよなあ。

ハロプロが深夜枠一本になっちゃった現状、
いまでも見てることは見てるけど、
多くのメンバーは名前もわからなくなっちゃったし。





ま、そのほうが、時間はできるから
いいことなんでしょうけどね。

世間的には。



世間なんぞ知るか。

的人間なんでね、私は。
そういうふうに、世間から造形されましたから。



衰退していく姿は、
それはそれで興味深いものはあるだろうけど、
やっぱり、やっぱり、
見たくはない。

わしが死ぬまで、繁栄していてほしい。

てのも、ブログサイトのタイトルどおりの
望みでありますな。





まあ、指原が衰退のひきがねになる危惧は
現時点でも、少なからず見え隠れしておりますし。

きのうのブログでは、指原の可能性に言及はしましたけど、
イコールAKBの未来、てなわけではない。
というか、どちらかというと、指原が真に飛躍するとしたら、
AKB48を生贄にして、のことになりそうな予感すらあるし!(^_^;)



とにかく、指原。
ええ加減にせい。

せめて、
後輩をまきこむことにだけはならないよう、
ちゃんと考えとくれ、いろいろ。
わかったか。

バカタレが!



いや、バッシングじゃないってば。
マジで。



てなところで、本日はこのへんで。
それでは、また~(^-^)/~~









0 件のコメント:

コメントを投稿