2013/07/17

都市生活者は時間の経過とともに免疫系も進化するとしたら


ご訪問、コメント、ありがとうございます。
青木無常であります。


都市生活者は時間の経過とともに
免疫系も進化するとしたら
古代都市の子孫は抵抗力もめっちゃ高いのでは?
とか考えた学者が、その証拠をさがしたそうでして。

で、その結果が、こちらのニュース。


ナショナルジオグラフィック November 9, 2010 の記事
古代都市の子孫は免疫系が進化?


要約すると、断言はできないが、
その可能性は高い、ということなんでしょうかね。



そもそも、都市では感染症が
容易に広まる、て部分からして、
怖い話ではありますよねえ。

免疫系が進化する前に滅亡しちゃったら
…これ、突然滅びた古代都市の説明にもなるのかな!?



楽天リンク



で、最後のほうで、

《「発達した耐性遺伝子は免疫系に過剰反応を引き起こす。ピーナッツや花粉のような無害な物質に接触したときに体を攻撃するようになるだろう。アレルギーや関節炎などにかかりやすくなったのではないか。結核で死ぬよりは、アレルギーや関節炎などわずかな代償かもしれないが」』

という推論が出てきますけど。
これ、いまのわれわれが経験していること
そのものじゃないですか…?

花粉症とか、アトピーとか。

日本て国は、全体が都市、というのも
いいすぎってこともなかろうし。



免疫系を制すれば、病を制する
…こともできるのでは?
てのも、極論にすぎますかね。

まあその前に、制することそのものが
たいへん難しそうな分野、なんでしょうけど(^_^;)。



もちろん結論はないまま、本日はこのへんで。
それでは、また~(^-^)/~~




楽天リンク







0 件のコメント:

コメントを投稿