2013/07/16

日本在住の外国人が好きな漫画ってニュース記事をネタさがし的にひろってみたが


ご訪問、コメント、ありがとうございます。
青木無常でございますよ。


マイナビニュース 2012/11/22 の記事
好きな日本の漫画を日本在住の外国人に聞いてみた!


というニュース記事をみて、
ネタになるなと思ってひろっといたんですけど、
特に、最近の漫画に弱いことに
自ら気づいてしまった哀しひ結末(^_^;)。

あと、母数が
《日本に住む外国人20人》
て、少なすぎるだろ!(^_^;)

編集部にいる外国人バイトか!
それとも知り合いかき集めたか!

と、いいたくなるほどの少なさ(^_^;)。
いや、別にいいんですけどね(^_^;)。



「ナルト」は、タイトルしか知らないんですよねえ。
あ、あと、「忍空」のつづきを読みたくて、
作者が自分で描いてしまった、とかいう
逸話なら、きいたことある。

でも、そもそも「忍空」も知らない、とゆー(^_^;)。


楽天リンク

知らないんだけど、この絵柄はきらい。何、この主人公。


「クレイモア」、「冬物語」、「王様の仕立て屋」
あたりは、タイトルに聞き覚えすらないかも。
もっとも、どれも特徴あるタイトルとはいえないので、
もしかしたら絵くらいは見たことあるかもしれないけど。

「ふしぎ遊戯」は逆に、タイトルには覚えがあるけど、
絵柄がうかんでこない感じ。

そもそも、「王様の仕立て屋」以外、
あまりいいタイトルとも思えないので
読んでみたい、という気持ちが浮かんでこないんだけど(^_^;)。

タイトルがすべてではない、という好例、
ってことでいいのかな。いかんのかな(^_^;)。



「らんま1/2」、「バガボンド」、「ゴルゴ13」
に加えて「スラムダンク」と「ROOKIES」は
私も大好きなラインナップですね。

どれも、語りだしたらとまらなくなるので、
今回はタイトルを写しておくにとどめます(^_^;)。



楽天リンク



「ドラえもん」は。
はっきりいって、嫌い。

珍しいんでしょうかね、こういう人間。
でも、嫌いなものは嫌い。
かなり嫌い。しつこい?(^-^;)

アニメのドラえもんのしゃべりかたがまず嫌い。

のび太のへタレぶりも気に入らない。
もっとも、のび太はひとの悪口をいわないとか
そういう擁護論をみた記憶はあるので、
どうしようもない、と思っていたけど多少は回復(^_^;)。

でもやっぱ好きじゃないな。

飯屋食堂のたぐいにおいてあることがあるので、
他に読むものがなければ読むこともあるけど、
なんつーか、おもしろくないこともないけど、
どうでもいい感じだし、買う気にも、1ミリもなれない。

正直なこというと、A先生は大好きだけど、
F先生はあんまり…なのかもしれない。

わしらが子どものころは、
藤子不二雄にAとかFとかの区別はなかったから、
正直、どの作品がどっち、
とかあんまりはっきりとは知らないけど。

でも、ブラインドで当てろとかいわれたら、
絵柄やストーリーで明確に区別できそうな気は
かなり濃厚にしますよね。



「無限の住人」
知人に勧められて最初の方の巻だけ
読んだことがある。

おもしろい、という印象はあるんだけど、
つづきをどうしても読みたい、という
牽引力は感じなくて、途中でやめましたね。
内容も、よく覚えていないです。

でも主人公が不死(だったんだよね、たしか?)
である理由が、説明されてないんだか納得できないんだかで、
気に入らなかった、という印象だけは残ってる。
いずれにせよ、あまりプラスには受け取れなかったかな。



「キャプテン翼」は、連載時
(というか、連載前の短編も含めて)に
ジャンプでリアルタイムに読んでた。

おもしろいけど、内容のエスカレートぶりも
ジャンプそのものだし、
単行本を買う気は特になかった。

あれよというまに世界的に人気が出たけど、
ふうん、という感じだったな。

こういうところを分析とかした方が、
大向こうウケするような作品を
自分でも書けるようになってたのかもしれないけど、
そんなことする気はさらさらないのよね。

気に入った作品なら、それこそ
重箱の隅までつつきたいんだけど(^_^;)。

まあでも、サッカーについてよく知らなくても
おもしろく読めるってのは、いや別にサッカーに限らず、
漫画の巨大な特徴・特質のひとつだとは
前々から思ってた。



「アンパンマン」も知らない。
アニメ版の絵柄とか、バイキンマンとか
それくらいは頭に浮かぶ程度。

でも、これって漫画だったっけ?
もともとは絵本、てのはまちがいないよね。


楽天リンク


しかも、最初期のアンパンマンは
メタボっぽいオヤジのキャラで
戦地の子どもにアンパンを与える“ヒーロー”だけど、
最後は戦闘機とまちがえられて撃墜されてしまうとゆう(^_^;)。

およそ、子ども受けする要素のない概要を
きいたことがある(^_^;)。

その後も、パンの頭のヒーローに
バージョンアップはしたけど、
内容は自分の頭を飢えた子どもにかじらせるとか(^_^;)、
初期はそういう気持ち悪い展開だったとかも(^_^;)。

正直、本当にそうかどうかも含めて、
むしろこういう初期バージョンの方にこそ、
興味がわくかな(^_^;)。

アニメのアンパンマンは「ドラえもん」と
共通する理由で、あんまり見たくないかも。
てか、「サザエさん」と同じ理由で、
っつった方が正確かなあ。

子どもに「見せる」ためのアニメなんざ
どうでもいい、としか思えないって理由。

親が、子どもに「見せたい」とかいう作品なんざ、
基本的にはあんまり興味がそそられない。
見ればおもしろいのかもしれないがね。



「ワンピース」は、
漫喫で一気読みしようとして、
途中で挫折しました(^_^;)。
ここで書いたことあったかな。

全巻読んでないから論評は控えるけど、
売れてる反感は拭いがたく存在するぞ。

もう、怨念といってもいいくらいにな(^_^;)。



世間に背中を向けたまま、本日はこのへんで(`▽´)
それでは、また~(^-^)/~~




楽天リンク






0 件のコメント:

コメントを投稿