2013/06/16

AKB48選抜総選挙246人246色その7・速報の予言性



ご訪問、コメント、ありがとうございます。
青木無常でございますよ。


たまの休日も、ここんところ
寝不足を肉体が勝手におぎなってしまっており、
時間がとれません(´_`。)

休みの日に予約投稿を一週間分くらいためて、
あとは緊急を補う、てな感じで
どうにか回してきたんですけど、
それもだんだん苦しくなってきたなあ(´_`。)

なんでかなあ。
身体は正直ってことなのかなあ。



泣き言はともかく、246人246色、七弾めは
今年の速報についてざっと眺めてみましたよ。
そしたら、意外なことに、あまり驚きのないことが!
どっちだよ! いま説明します(^_^;)。




生放送スペシャルでも、
順位のついたメンバーがインタビューとかで
“速報とはぜんぜんちがう”と口にしてたりしました。

また私自身も、速報は当てにならないから
あまり言及するつもりがなかったと書きました

でも、速報に入っていながら
実際は圏外になってしまった子たちのことも
気になったので、ざっとながめてみたのですね。

すると、驚きの結果が!
いや、あんまりびっくりするような
結果ではないんですが(^_^;)、
意外なことに、けっこう的中してるんです、速報。



まず私の見方がきわめて大雑把なので
詳細に検討してみれば“ぜんぜんちがう”も
正しいのかもしれませんけど。

速報に入っていて、本番は圏外、
という子が、意外と少ない。

8人だけです。

8人が多いか少ないか、という部分は
意見のわかれるところかもしれませんけど、
少なくとも、ぜんぜんちがう、とまでは
いかないんじゃないでしょうかね。




順位にしても、下のほうは
けっこう激しく上下動している子もいるっぽいけど、
上位陣は大きな動きは少ない印象。

大雑把すぎる、といわれそうな気もしますが(^_^;)。



これけっこう、参考になるんじゃないですかね。

いや、去年以前の速報はぜんぜん見直してないし、
来年以降もどうなるかはわからんので、
今回は、入れ替わりにしぼって言えば、
変動は少なかった、というべきか。





具体的に、本番に入っていなかった子の
名前をあげると、つぎの8人ですよ。
(順位は速報時)

第39位 SKE48 チームS 矢方美紀
第43位 SKE48 チームE 木下有希子
第47位 SKE48 チームKII 山下ゆかり
第49位 HKT48 チームH 森保まどか
第55位 AKB48 研究生 岩立沙穂
第57位 HKT48 研究生 岡本尚子
第58位 AKB48 チームK 阿部マリア
第60位 AKB48 チームK 鈴木紫帆里

これを見ると、39位の矢方が
速報で最高位。

38位までなら、順位はともかく、
全員壇上にはあがっている、
ということになります。

ま、中西優香とか、ぎりぎりになってるし、
当人やファンにしてみれば、
まったく予断を許さないことは
まちがいはないですけどね。

でも、けっこう当てになってたと思うんだけど、
どうかなあ?
やっぱそれほどでもないかなあ?




さて、速報に入っていながら
残念なことに本選にはもれてしまった面々に
目を向けてみると。


AKB研究生の岩立や、HKT研究生の岡本尚子に関しては、
むしろ速報に入っただけでも大健闘、
というように、私のような不まじめなファンには
思えるのですけど、どうですかね?

岩立沙穂は「有吉AKB共和国」で見かけますけど、
まだ名前と顔が一致していないくらいです。

岡本尚子に至っては、私はまったく知りません。

やはりどこかの番組に出ているのかもしれませんが、
どちらかというと、二人とも
劇場での人気が高いのではないか、
と予想されますがいかがでしょうか。

つまりは、今後が大いに期待できる、
のでは、ないか、と。

見当違いとかだったら、笑ってちょうだい(^_^;)。


木下有希子は、これは意外なことに、
いままでも入閣したことがなかったんですねえ。



SKEのシングル選抜でも
常連のイメージがあるし、
華やかで目立つ印象だし、で
とっくに入閣しているかと思い込んでました。


山下ゆかりという子は、
名前には聞き覚えがあるような気もするけど、
他のだれかと混同しているかも、といった感じで
何も知らない子のひとりなので何もいえません、すいません。


矢方美紀に関しては、
去年の総選挙でも62位に入る大健闘で、
私も顔まで覚えたメンバーです。

今年の速報で39位、入閣はできそうなラインですが、
残念ながら伸びが足りなかったようで。

ファンが油断した、とかではなく、
ファンの実数やパーセンテージが
64位に入るか入らないか、といったあたりで
安定しているのかもしれません。

今年の結果を受けて、飛躍が期待できるか
といったところが、今後の焦点になりそうですね。





森保まどかはHKTの子ですが、
AKBINGOとかでもけっこう目立つシーンがあったし、
おそらく、きれい系でピックアップされる機会の
多い子なのではないかと思います。

その意味で伸びる可能性の高い子
というイメージが強いので、
今回も惜しい結果、という感じでしょうか。





さて。
阿部マリアなんですが。
今回、速報に入って入閣はできなかった子たちを
ピックアップするきっかけになった子です。

というのも、ぐぐたす(Google+)で、
こんな記事を書いているんです。


阿部マリア 6/13 11:41 のGoogle+


これはニュースにもなっていて、
内容がコンパクトにまとめられています。


J-CASTニュース 2013/6/13 16:35 の記事
AKB阿部マリア総選挙開票「『入ってないな』と思いステージから逃げました」


概要ならニュース記事、
阿部の想いを感じたいならぐぐたすですかね。

要約しておくと、フューチャーガールズ発表の時点で、
入閣はないと自覚し、ステージからはけた。
去年までは強がっていたが、今年は悔しいという気持ちを
素直に表現でき「一歩前に進めた」という感じです。





まず驚いたのは、
スタッフに申告すればステージから降りられる、
という部分。

いわれてみれば、小中学生も含まれるような
若い女の子たちばかりなので、
こういう処置も当然あるのかな、
とは思い当たるのですけど。

ステージからはけちゃった後で
名前が呼ばれる子がいたりしたら、
それはそれで大変なことになりそうなんですけど。

名前が呼ばれる可能性がある子は、
スタッフがとめるとか?

となると少なくとも、ステージ上で
徳光さんが、封印された封筒を
はさみで開封する、というセレモニーは
茶番、ということになりますね。



だって結果はすでに一部とはいえ
外部にもれているわけだから。

結果知らなきゃ、実は入閣している子が
はけてしまうのをスタッフがとめることは
できるわけがないですからね。

ちょいと、疑惑が膨らみますね。

ま、第三者機関が行う業務は、
開封、結果を集計するまで、
そこから以降はスタッフが担当、
というような流れも、考えられはしますがね。

この流れでも、不正の入る可能性は
増大するような疑問はわきますが(^_^;)。


まあ野暮な類推はともかく、
フューチャーガールズは49位からなので、阿部、
あきらめが早すぎる、という気もしますけど(^_^;)。

本人たちにとっては、それほど巨大な重圧がある、
ということなんでしょうね。



ともあれ、ぐぐたすは
かなり気軽に投稿できるっぽいし、
本人たちの生の声にかなり近いような気がして、
そういう意味でも興味深い発信元ですよね。

阿部マリアはもっと人気高いように思えるし、
めげずに、言葉どおり悔しい想いをかみしめながら
これからもがんばってほしいものでありますよ。


最後に、鈴木紫帆里。

鈴木紫帆里は注目している子の一人でして、
速報時からかなり時系列でぐぐたすも見ていました。

だから速報に入ったときの喜びようも、
選挙当日の投稿もぜんぶ、
特に当日はほぼリアルタイムで目にしていました。

彼女は、学業に専念するという理由で
7期メンバーから一度脱退し、
第11期で再び研究生としてやり直した、
という経緯がある子で。

脱退時も昇格が発表された直後だったし、
その後の紆余曲折もあったようです。

残念な結果に終わってしまったけど、
激しい波にさらされながら
気丈にがんばっている子、という印象があります。



気丈すぎて、緊張が途切れることだけが心配なので、
ときどきは、いや、ちょくちょくでも、
力をぬいて、ゆっくりする機会も作りながら
上を目指してがんばってほしい。

それだけのポテンシャルがある、
と、私は、思っています。

ときどき、鼻声が気になるけどな(^_^;)
かなり。



みんな、入閣はできなかったけど、
その可能性は秘められているラインには
至っている。

ただ、入閣した子も含めて、
そこからさらに上にいけるかは、
今のままでは、かなり苦しいのではないか、
というポジションだと思われます。

そこには、運ももちろん
大きく関わってくるけど、
自分でやれることも、たくさんあるでしょう。



“干されのカリスマ”松村なんか、
その好例の一人ですよ。
まさしく、自分で道を、切り開きつづけて、
今日までたどりついてきた人だと思います。



だから、自分でやれることを
やらなきゃな。
おれも(^_^;)。

そうなんだよ。
やれること、やるべきことなんか、
いくらでもあるから。
時間も、自分でどうにか作るんだ。



やるべきことの半分くらいは、
やり始めたら実は楽しかった、
ってことでも、あったりするんですよね。




だから、始めようぜ。
まずは。



ということで、意外なところに着地してしまいましたが(^_^;)、
本日は以上です。
それでは、また~(^-^)/~~



参考:クランクイン 2013年05月22日 21:15 の記事
<AKB選抜総選挙>初日速報はさしこが首位 2位まゆゆ、3位に大島優子









0 件のコメント:

コメントを投稿