2013/05/19

HKT48劇場支配人になった指原莉乃は、権力を持たされたというよりは責任を背負わされたといった方が正確…?



ご訪問、コメント、ありがとうございます。
青木無常でありますよ。

きのうの記事
やすす。常識を壊すのもいいけど、ちっとはモノ考えろよ」で、
指原に権力を持たせすぎるのは怖い、
という意味のことを書いたんですけど。

本日は、その指原が入手した
権力(?)にまつわるニュースを3記事ほど。

まずはこちら。


J-CASTニュース 2013/4/29 17:43 の記事
HKT指原「劇場支配人」に大出世 秋元康氏が「予言」していた?


いや(^_^;)「予言」て(^_^;)。

内容としては、前半は「春の人事異動」の概要で、
後半に指原の、というか「支配人」の責任範囲とかが書かれていて、
さらに最後のほうには、記事タイトルにもある
やすすの「予言」についてが記されています。

でも読むと、予言というよりは
やすすの願望というか、展望というか、
思いつきというか(^_^;)。

指原が放送作家にむいてる、
みたいなことを秋元康が言っていたのは
私もなんとなく何度か目にしたことが
ありますね。



ただ、このニュースと、あと昨日の
“やすすがAKBやめたがってる”件とあわせて読むと、
やすすが指原に“下駄をあずけたがっている”
と(^_^;)。

受け取ることもできますね(^_^;)。

やすすがAKBを本当に泥舟だと思っている、としてですが、
その泥舟の舵取りを指原にあずけようとしている、
のだとすると。

あまりにも無責任、ととるべきか、
真剣に考えすぎてる、ととるべきか(^_^;)。

AKB48という器はすでに
かっちりしてきているように思えますし、
JKTやSNHはまだわかりませんが、
SKE、NMB、HKTのラインナップもうまくいってるみたいだし。

私のような凡人には無謀としか思えなかった
全国展開もうまくいっているんですよねえ。

ただ、こういうのって調子に乗ってると
ロクでもない結果になりそうな気も
濃厚にするんですけどね。

攻めでいくべき時期と、守りを固める時期が
あるのではないか、というか。



で、攻めのときは無謀とも思えることを
がしがし進める開拓者、それこそ
常識の破壊者が適任なんでしょうけど。

守りに入るんなら、
王道を知り尽くしたプロにまかせるべき。

なんじゃないかね、と、素人目線では思うの。

まあ、アントニオ猪木と新間寿の関係のように
思いつきでめちゃめちゃ言い出す“何も考えてない”人間と
それをうまいこと制御して現実的な方向に
舵をとる人間とが、うまく噛み合ってる状態が一番なんでしょうけど。

で、制御する腹心を失うとどうなるか、も、
上の例がわかりやすいと思いますが。



でも、そう考えると、
素人の指原をきちんと制御して
いい方向に舵を向けられる頭脳があれば、
けっこういい形態なのかもな、とも思えますね。



ただ、これも昨日書いたことですけど、
調子にのって、ロクでもないことに
なりかねないのが、心配。

指原に限らず、
若い子は調子に乗りすぎて、
周囲が見えなくなってしまうのは
なかなか避け難いことですし。

指原は痛い目にたくさんあってきてるし、
そのへんのバランスも、もしかしたら
かなりいい具合になっているのかもしれませんけど。

でもやっぱり不安ですよ(^_^;)。

ただまあ、48グループのプロデューサーとして
やすすのかわりに指原の名前が
あたりまえのように出てくる状況を想像してみると。

ちょっと、いやかなり(^_^;)
見てみたい気はしますね(^_^;)。

野次馬的に(^_^;)。




具体的な支配人の仕事内容は

1.公演に出演できなくなったメンバーの代役探し
2.劇場の設備保守
3.メンバーの指導・教育
4.各種情報のファンへの発信
5.スキャンダルがあった時の対処

このうち、指原が関わりそうなのは
3、でしょうかね。

おそらく
このあたりはすでに
積極的にやっていそうだし。

4あたりも、「HaKaTa百貨店」で司会やってるときに、
メンバーの個性をうまいこととりあげていく形で
すでにとりかかっている、
とも言えそうですよね。

5は、どうか知らんが(^_^;)。

ま、実体験は豊富だし(^_^;)。



全体的に、権力者というよりは
責任者という感じで。

ネガティブ型の指原にとっては、
権力を得た、というよりは、負わんでもいいものを
背負わされた、と感じているのではないか、
とも、ネガティブ型の私としては感じられます(^_^;)。

ま、でも、ネガティブ型、っつっても
指原と私とはまたタイプがちがうようにも
思うんですけどね。



で、そんな“権力者”指原に、
ファンからこんなお願いが(^_^;)。


J-CASTニュース 2013/5/12 13:15 の記事
「支配人」指原莉乃に依頼殺到? 「○○ちゃんを選抜にいれてください!」


ニュースタイトルどおりの内容に対して、
指原自身は
「恐らく選抜ごとにはかかわらないと思います…」
と答えています。

この口ぶりだと、やっぱり少なくとも指原自身には
細かいことは伝えられていない様子。

てか、いろいろやらせてみて、
どうなるかを見ている状況、と
見たほうが正確ですかね。

ただつづいて、

「それぞれのメンバーが選抜に入れるように、魅力を引き出せるようにはしたいとおもっています」

とも発言しているようなので、
やっぱりそのあたりを自分の仕事、と
指原自身もとらえている、
と考えてよさそうではありますね。



で、そんな指原にふられた第一の仕事が、こちら。


RBB TODAY 2013年5月13日(月) 13時16分 の記事
SKE48松村香織、指原プロデュース“寝耳に水” 「爆睡していたら凄いことに……」


松村が寝ているあいだに
知らんうちに情報が流れた、てのも
松村らしい感じ、というか(^_^;)。



例の、松村のシングルデビューに関して、
指原に下駄が預けられた模様。
これは、松村にとってだけではなく、
指原にとっても、まちがいなく試金石となりますな。

う~ん。

ネガティブ型の私としては、
心配で心配でしかたがないです(^_^;)。

失敗したら、松村に気の毒なんだよなあ。

でも話題にはなるだろうし、
これなら1000枚くらいは軽いですかね。

でも、心配だなあ(^_^;)。



ここでの指原の責任範囲は

・デビュー曲の選定
・アレンジの発注
・作詞

選定、てのは
松村のシングルにふさわしい曲を選ぶんでしょうかね。

アレンジの発注、てのも、
少なくともタレントの仕事範囲には
なかった内容なんでしょうけど。

まあ指原は顔広そうですけどね(^_^;)。



で、作詞。
ここは特に、どうなるのか、
心配だし(^_^;)、興味津々。

個人的には、コミックソング的なものはNG。

全力で、松村の魅力を全国に轟かせるような
良品を期待したいですよ。

セールスとか、
松村の現状のキャラの方向性とか考えると、
お笑い方向に逃げたほうが
楽な部分はあるのかもしれませんがね。

ファンも知らなかったような松村の魅力があふれる感じの
よい意味で世間もファンも驚かせる
“指原らしい”プロデュースを、ぜひ。



指原にも、松村にも、がんばってもらって、
よい結果を出してもらいたいものですね。



ということで、本日はこのへんで。
それでは、また~(^-^)/~~







0 件のコメント:

コメントを投稿