2013/04/30

みなさま心よりお待ちの私の近況報告(^-^)

子どものころから、ひとと接するのが苦手だった。
それは私にとって、恐怖ですらある。



ご訪問、コメント、ありがとうございます。
青木無常でありますよ。

巷ではGWとやらで、
お休みを満喫されてますかね?

そんな時期、ここをお読みの際も
仕事を忘れてリフレッシュされてるとしたら、
泣き言をつらねたブログなど読みたくもなかろう、
と。

せめてこの期間は愚痴もやめておこうかな、
と思わないでもなかったのですが、
ま、自由にやらせてくださいませ。



子どものころから、ひとと接するのが苦手だった。

理由?
簡単さ。

うまくいかないから。

うまくいかないことに、それも子どもが
モチベーションを維持できるはずもない、と
今なら吐くことくらいはできるけど。

ずっと。
ながいあいだ。

自分が悪いから、うまくいかないのだ、
と。

自分で自分を虐げつづけてきました。



馬鹿げた話です。
馬鹿げた話に、半世紀近くも費やしてしまいましたよ。

その結果、ひとと接すること、
すなわち、恐怖、にすら、化してしまっています。

半世紀もつづければ、
少しはいろいろ覚えたり身につけたりして、
いくばくかでもまともに、ましに、
なっていてもよかろうもんですが。

逆に、どんどんひどくなっていっている実感があり。

それは、もしかしたら。
希望がどんどんしぼんで、ついえて、
消滅していくからかもしれません。

子どもだったり、若かったりすれば、
いまはこんなに苦しくとも、
きっと、いつか、なにかが解けて
私は幸せになるんだ。

そんな、パンドラの箱に最後に残った
最悪の災厄を猛信していられましたけれど。



仕事がよいもの、と思ったことなどないし、
仕事の話など、プライベートの場において
みずから思い出すなどという苦行を自分に
負わせるのも気が進まない話なんで。

あまりここで仕事の話をしたこともなかったと思いますが。

去年、失業したときの仕事は
とあるコールセンターの契約社員でした。

それ以前は警備員とかいろいろ、
外で肉体を駆使してやる系の仕事だったんですが、
もうそういうの、疲れちゃってて、
デスクワークがしたかったんですね。

で、十年近く、主にコールセンター系列で
生活の糧を得ていたのですが、
そうするとやっぱり、精神的にボロボロになっていた。

別に辞めるよう圧力がかかっていた
わけでもなかったんですが、
なによりも自分自身が耐えられなくなっていて、
上司から陰湿な態度をとられたことを契機に、辞めました。



会社都合での退職、などとされるはずもなく、
失業保険も90日の待機期間をはさんで、
90日分のみ。

こんなモラトリアムなんか、
あっというまに過ぎてしまいますよ。

そのあいだに、アフィリエイトを含めた
ネットビジネスで、なんとか生活の基盤を
つくれないものか、と。

このブログも含め、いろいろ奮闘してきたんですがね。

いや「いろいろ」多角経営していたのが、
問題のひとつであろうことも、
わかってはいるのですが。

こちらでも、広告収入で運営しているなどという
文言を掲載してはいるのですが。

いやはや。
そんなもの、現実には
収入には結びついていないであろうことは、
ご覧いただければ、
おおむね察知していただいているものと(^_^;)。

成果が「0」というわけではないんですが。

でもだいたい、どんなASPも、
ある程度まとまった金額が貯まらなければ
銀行振込はしてくれません。

ので、ネットビジネスからの利益は、
よくいえばゼロ。
少ないながらも、多少は投資もしているので、
それを考えれば、完全にマイナスでありますよ。




で、借金なども重ねてどうにかごまかすのも限界がきて、

年明けに、どうにかして収入を得なければ
どうにもならなくなり。

せめて、自分の糧になりそうな仕事でも、
と画策はしてみましたが、
モチベーションがあがらないことも手伝って、
結局、むかしとった杵柄の警備員に。

内情も知っていたし、現状に希望も抱いていなかったので、
だいたい思ったとおりの内容で、
なんの希望もなかったんですが。

とりあえず、最低でも週給で入金がないと、
生活すらままならない状態だったので、ね。



でも、以前から興味だけはあり、
たださほど大きな期待も賭けてはいませんでしたが、
多少は警備員よりも、精神的にましな仕事として。

ポスティングのチラシが、郵便受けに入っていて。
こちらも週給可能なものがあったので、
試してみるか、と軽い気持ちで、
警備員を一時凍結して、始めてみました。



いやあ。
うまい話なんて、ホント、ないですね。

歩くことには自信があったし、
多少は収入がさがるかもしれない、
程度の覚悟はしてたんですけど。

肉体的に、きついこときついこと。



いや、多少、以下に収入をさげれば
けっこう気楽に、ある程度はどうにかできるんですけどね。

やっぱり、生活を支える程度に稼ごうとすると、
肉体的にも、そして時間的にも、
余裕がむちゃくちゃに食いつぶされてしまっています。

朝9時に仕事をはじめて、
夜中までかかってしまうことも。

あたりはずれもあるんですけどね。

まあ、当然の話ではありますが、
アタリばかりまわしてもらえるはずもなく。

対人関係はたしかに極力すくないので、
そのあたりのストレスは、軽いといえば軽いんですが、
やっぱり肉体的・精神的に追い詰められると、
スタッフとももめますし。

そういう状況になると、
親切そうにみえたスタッフの正体も
ぼろ見えしてくるんで。

そうすると、やっぱり対人ストレスが激増してくる。

やれやれであります。



正直な話、借金もあるし、家賃もあるし、
光熱費もあるし、
でも、それも払えなくなりつつなってきている。

かなりやばい状態になってしまっています。

以前も同じようなことをいいつつ、
どうにか切り抜けてはきましたけどね。

今回は、どうかな。

そういうことどもに加えて、いろいろなものが
一気に、どっと、おしよせてきそうな予感が
なくもない時期でもありまして。

一日二日ではなく、
ぱったりと更新が途絶えてしまったら、
青木無常、ついにパンクしたか、と。
そのようにお考えいただければ(^_^;)。



いろいろ、まだまだ、
よぶんなもの、実は不要なものを
山ほど抱えてはいるのも、自覚してはいますが。

どうしても、捨て去る勇気が出ませんよ。

もしかしたら、この、ネットの世界そのものも、
それに含まれるのかもしれませんが、ね。

でも、現状脱却できる芽があるのも、
もうネットの世界だけなのではないか、と、
いまだに思い込んでもいる、という点も
ありますので。



すべて捨てて、
さとり切った世捨て人にでもなれれば、
楽になれるんでしょうかね。



否。



たぶん、路上生活者になったとしても、
私のこの、精神構造がかわらない限り、
根本的には、何も変わらないのではないか。

と。

べつにいま初めて考えたわけですらなく。



でも、そのための時間も、余裕も、
モチベーションも、

欠落したまま、こんな状態になってしまいましたよ。



というわけで、今後の青木無常にも、
要! 注目だ!



てな感じで、みなさまが待ちに待った
青木無常の近況報告でありました。



やれやれでありますな(^_^;)。


つーところで、本日はこのへんで。
それでは、またお会いできることを期待しつつ(^-^)/~~







0 件のコメント:

コメントを投稿