2013/04/03

恐怖が消失したとき、人間は別のいきものに生まれかわる

ご訪問、コメントありがとうございます。
青木無常でありんす。



ああ。
驚いたことに、感情を消し去る技術が
科学的に実現しそうなところにまで、
世の中は進んできたようなのでありますよ。


GIZMODO 2012.09.27 20:00 の記事
脳から「恐怖」を消し去る技術の研究が進行中


さて。

恐怖を消す技術が現実化したら、
それを利用して権力者が兵士を、とか、
死への恐怖がなくなった人類が
何か邪悪な方向に進化していく、とか。

ディストピア的発想も
いくらでも浮かんできそうなものなんですが。

ネタ元のニュース記事には、
そういう感じはどこにもなく、
何かよいものがハイテクで生み出されつつある、
という空気がただよっていますな。

どんな技術も、利用のしかた次第なのも
確かに確かなんですけどね。



でもまあ、もともとは、生存に必要だから
恐怖もあるわけではあります。

ただし、現代社会においては、
原始的な恐怖が都市生活における
さまざまな新しい現実への適応を
阻害している、という見方もあるわけで。



私個人でいえば、
恐怖を自在に消し去ることができるなら、
ぜひ活用したいところではありますな。

実際、肉体的な死に対する恐怖がなくなったとしても、
死にそうな状況に対する知識はありますし。

無用な恐怖に邪魔されて、
いろいろ踏み出せなかったり
無意識が強力なブレーキをかけていたり
といった事象も、とみに実感させられておりますし。



まあ、何も問題が起こらないとは思えませんが、
起こったときに対処すればよろしいですし。



恐怖を制御できるようになったとき、
人類は、どういう方向に歩み出すのか。

たいへん興味深いです。



その意味でも、ぜひ実用化・大衆化を
実現してほしいところでありますよ。



あなたはどう思いますか?



でも、ホラー映画がたのしめなくなるとしたら、
歓迎できないな(^_^;)


 
ということで、本日はこのへんで。
それでは、また~(^-^)/~~






0 件のコメント:

コメントを投稿