2013/04/29

春の人事異動とやらでAKB他48グループがまたちょこちょこいじられていますが…

ご訪問、コメント、ありがとうございます。
青木無常でございますよ。



薄氷の更新がつづいておりまして、
特に来週あたりがどうなるか、
かなり不安でありますが、まだギリギリで
どうにかしたいとは思っておりますけど…。



ともあれ、AKBほか48グループに
またヘンな“人事異動”発表された模様でありますな。

どう思います?
意味があるんだかないんだか…。


MANTANWEB 2013年04月29日 の記事
AKB48 : 春の“人事異動”にファン騒然 メンバーにも動揺広がる


今回の件は、部外者目線からだと、
鬼面人を驚かすほどのめちゃめちゃな変更は
見当たらない感じではありますが。

それでも、当人たちにとっては
たいへんな衝撃を与えているケースもあるようです。



とりあえず概要を抜き出すと、こんな感じでしょうかね。



 ○ダブル支配人


 ・HKT48指原莉乃がHKT48劇場の支配人を兼任
  (ダブル支配人体制)


 ○兼任終了組


 ・北原里英がSKE48との兼任終了、AKB48専任
 ・横山由依がNMB48との兼任終了、AKB48専任
 ・石田安奈がAKB48との兼任終了、SKE48専任
 ・小谷里歩がAKB48との兼任終了、NMB48専任


 ○新規兼任組


 ・SNH48宮澤佐江がAKB48チームKと兼任
 ・同鈴木まりやがAKB48チームAと兼任
 ・JKT48高城亜樹がAKB48チームBと兼任
   (以上、仲川遥香を除く海外移籍組がAKB48に半復帰)

 ・AKB48大場美奈がSKE48新チームK2と兼任
 ・AKB48市川美織がNMB48チームNと兼任
 ・SKE48古畑奈和がAKB48チームKと兼任
 ・NMB48矢倉楓子がAKB48チームAと兼任
 ・HKT48兒玉遥がAKB48チームAと兼任


 ○研究生からの昇格組


 ・平田梨奈(チームK)
 ・佐々木優佳里(チームA)
 ・大森美優(チームK)




以上で網羅されてますかね。
抜けがあったら訂正しますんで、
ぜひご指摘を! (^-^)



ほかに、すでに発表済だった
SKE48とNMB48の各チームメンバーにも
シャッフルが行われているわけで、
いろいろややこしい。

ややこしいけど、指原の“支配人”就任を除けば、
特に新機軸、というわけではなさそうです。

兼任を解かれるメンバーもいれば
改めて兼任になったメンバーもいるので、
“兼任”という制度自体にも
ある程度以上の意義、というか手応えがあったということでしょうね。


当人的に一番衝撃を受けたのは
宮澤なんでしょうかね。


Techinsight 2013年04月29日 02時00分 の記事
AKB人事に悲喜こもごも SNH宮澤は古巣兼任復帰に「複雑、悔しい」


Techinsight4 2013年4月29日 11:00 の記事
【エンタがビタミン♪】「正直複雑です」。宮澤佐江ら海外移籍組がAKB48との兼任にとまどい。


ただ、宮澤本人としては不本意なんでしょうけど、
日本から目につくとこだけ見てる身としては、
宮澤も鈴木も、SNHで具体的に何をやっているのかが見えてこない。

とりあえず移籍して所属しているだけ
のようにも思えてしまうので、
むしろ活動の場が与えられたようにも
思われなくもない感じですけど、どうなんでしょう。



仲川遥香が海外移籍組の
兼任メンバーに入っていない点は、私は
総選挙不出馬の際に本人がぐぐたすで行った所信表明について、
こちらでもすでに言及しておりますし。

特に疑問な点はないっちゃないけど、
ま、スタッフ側の思惑があるのかないのか、
といったところに興味がわかなくもないってとこかな。



指原の“支配人”就任が、
何かネタ程度のことなのか、
あるいは実際に指原を使って
何か仕掛けてくるつもりなのか。

このあたりは、けっこう興味がわきますね。



ただ、指原をスケープゴートにして、
よからぬ画策をするのだけはやめてほしいところですが。



さて、人事異動に関してはこのくらいなんですが、
他にもふたつほど、言及しておきたいことがあります。

まずはこちら。


オリコン 2013年04月28日 15時08分 の記事
AKB新曲センターは板野、大島ら4トップ 選抜32人で初披露


あまりまじめに検討しているわけではないのですけど、
前田センター時代とはちがって、
今回のシングルも、やっぱり大島単独センターではない模様。

どうしても引っかかる。



大島は、前田にかわる単独センターの器ではない、
と運営側はみているのか。

それとも、世代交代が思うように進行していない顕れ、
とみるべきなのか。

板野が入っているのは、卒業することと、
今までのAKB48への貢献度を考慮したねぎらい、
という感じに私は受け取りましたが。

渡辺麻友や島崎遥香が入っているところが、
逆に、新世代と目されている彼女たちが、
まだ任せきるには力不足なのでは、という裏方側の不安を
私なんかは感じてしまうのですが、裏読みしすぎでしょうか。



もひとつは、こちら。


日刊スポーツ 2013年4月29日8時14分 の記事
AKB研究生が6・5武道館初ライブ


こちらは、とりあえず手放しで喜ぶべき内容でしょうかね。
気になるのは、今回の人事異動で昇格が決まった三人が
この武道館ライブのメンバーに入っているのかいないのか。



入っていないとしたら、
昇格が逆にマイナスに働きゃしないかが心配ですよ。



とにかく、本人たちにもファンにも
いろいろあるのでしょうが、
せめてそれぞれの変化が、よい方向につながってくれれば、
と願っております。 _(_ _)_



という感じで、本日はこのへんで。
それでは、また~(^-^)/~~







0 件のコメント:

コメントを投稿