2013/02/05

野暮な話だねえ>「恋愛禁止」に弁護士から異論があったとか

ご訪問、コメント、ありがとうございます。
青木無常でごじゃいます。



うん。
私はアイドルの恋愛はしかたがない
という意見ではありますよ。

ただ、歓迎というわけじゃない。

前提として、彼氏や旦那のいるアイドルなんて、
やっぱり応援する気にはならない。

まあ、例外はあって、
特に好きになったあとなら、
継続して応援する気持ちがあることも
多いけど。

なっちゃんとかね。
今でも好きですから。

でもさー、そもそも基本、
恋愛したら終わり、な前提がある以上、
恋愛したいから人権侵害、
てな攻めかたをとるアイドルはねえ……。

わかっててアイドルになったんじゃねえの?
って話になってくるし。

もしそういう契約書にハンを押すことを
求められたとしたら、
せめてその時点で違法、と争う方向にいかなきゃ、
筋ちがいってもんだと思ってしまうんですよ。

だから、したり顔でこんなこと吐く弁護士には
嫌悪感を禁じ得ない。

J-CASTニュース 2013/2/ 4 20:08 の記事
AKB「恋愛禁止」に弁護士から異論 公序良俗に反し、民法上無効?


そりゃ、違法か合法かでいったら、
人権侵害ではあるでしょう。

実際に裁判が起こって
こういう結論が出るかどうかはともかく、
論理としては充分うなずける。



でもさ。

くりかえしちゃうけど、
そんなん最初から前提としてある話じゃん。

そもそも彼氏がいると公言するアイドルは
スタートラインからして相当不利なわけで、
そんなイバラの道をあえて選びたがる
アイドル志望の女性って、かなり珍しいでしょう。

モデル系の子なら、
彼氏いるとかセックスしまくりとか公言しつつ
人気出た子もいるみたいだし、
一概に「あり得ない」ともいえないけどさ。



でも、ちゃっかり「彼氏いません、作りません」
とかいってアイドルで契約して、
あとになって人権侵害とか騒ぎ出すようなパターンが、
もし出現するとしたら。

無法地帯化で、
アイドル業界自体の衰退に直結するでしょ。

ま、そんな状態が常態化したら、
きちんと“暗黙のルール”守る子の株は
あがるかもしれないけどね。



あるいは、律儀に契約の段階で
違法であると騒ぎ立ててアイドルになったとしたら。

おもしろいけどね。

まあ、使えるとしても一回限りじゃないですかね。

話題にはなるだろうし、
人気につなげる目もあるかもしれないけど、
かなり特殊なアイドル像だし。

やっぱり、業界の衰退に直結すると思います。



長期的視点に立てば、
得する人間はごく一部だろうし、
それも長続きするかどうかは怪しい感じ。



J-CASTニュース 2012/4/23 19:07 の記事
「異性も同性とも恋愛禁止」誓約書あった AKB柏木由紀「ハンコ押しました」

仮に柏木たちのいうとおり、
誓約書とかその手の書類の類があるんなら、
あからさまな物的証拠として
裁判で争う材料には、充分なるでしょうけど。

仮に裁判に勝ったとして、
アイドルとしては勝てるのか。

分が悪い賭けだと思いますがねえ。



くだんの弁護士が、
こまで考えて発言しているのかどうか。

ま、考えてはいてもあえて言っているのでしょうけど。

違憲だから告訴しろ、というのであれば、あまりにも野暮だし、
真に受けて本当に法律的な手続をとる子が出たときに、
この弁護士にのちのちまでの責任をとれるとも、
到底考えられません。


この程度の法律談義なんざ、
だれでもちょっと考えれば可能性としては
充分思いつくだろうし、
なんとなく、であれば、感じてすらいると思います。

それをあえて口にするなんざ。

いいかっこしたい感が見え見え。

……の、ように、思えます。

あくまで私個人の感覚に過ぎませんがね(苦笑)。



いろいろ取り沙汰された作品ですが、
私はおもしろいし好きですね、これ。



ひとことで言うと、

アホか。

これに尽きますな。



したり顔でえらそうに。
つーと、全部私自身に返ってきちゃいますけどね(^_^;)。



いいんだよ。

おれ、えらいもん(^-^)。



(^_^;)



というわけで、本日はこのへんで。
それでは、また~(^-^)/~~




0 件のコメント:

コメントを投稿