2013/02/17

終身刑のローマ法王がどうなったって?

ご訪問、コメント、ありがとうございます。
青木無常でございますよ。



うむ、ローマ法王って、終身刑だったんですね。


J-CASTニュース 2013/2/13 13:05 の記事
「本来終身刑のローマ法王が…」 膳場アナの「とんでも」ミスに失笑


ま、アナウンサーが
「終身制」を「終身刑」と読み間違えたという、
ある意味よくあるミスに過ぎないんですけどね。

テレビのアナウンサーなんて、
こんな部分に気をつけなきゃならないわけで、
たいへんなんですねえ。



心理学の説明でよく出てくる話なので、
ご存知かもしれませんけど。


言い間違いには、
無意識の願望が反映されるのだとか。



ひまつぶしに来て延々と腰をすえた
となりの奥さんに対して帰り際に
「ながながといすわっちゃって」
と挨拶してしまう奥さんの話。

皮肉でもなんでもない、
単なるいい間違いなんですが、
つい本心が出てしまったのだ。

という文脈で説明される話です。

で、いすわった側の、となりの奥さんも
「なんのおかまいもできずに」
と返礼してしまったという(^_^;)。

こちらも、本心が思わず出てしまった、とか。



あいさつなんて定型句ですからね。
出てくる言葉は決まってるし、
相手の言葉にあった定型句が
自動的に口をついて出ることもままあるでしょう。



ま、別に今回言い間違いをしたアナウンサーが
ローマ法王の終身刑を望んでいたとは
さすがに思えませんけどね(^_^;)。



でもベネディクト16世は無事退位できるようで、
終身刑が恩赦された、と(^_^;)。

まずはめでたい。

85歳で本人が望んでもいないのに現役続行なんて、
一般社会じゃなかなか考えられないことですからね。

ローマ法王が一般社会の通念に敷衍できるとは、
思ってはいませんが(^_^;)。



で、つぎの囚人は?






てな感じで、本日はこのへんで。
それでは、また~(^-^)/~~





0 件のコメント:

コメントを投稿