2013/02/01

ちゃっかり娘か真摯な努力家か AKB48峯岸みなみのスキャンダルに対するいろいろな反応が興味深い

ご訪問、コメント、ありがとうございます。
青木無常でありんす。



ありゃま、また“週刊窃視”が
ゲスな暴露記事を公開しちゃったみたいですね。
ホントにどうしようもない雑誌だなー。
誌名が「文春」でなければ、なるほど、なんですけどねえ(^_^;)。


ちょっとうまくいくかどうか自信ありませんが、
私が見つけたものを時系列っぽくまとめて
リンクを貼りながら見てみようと思います。


RBB TODAY 2013年1月30日(水) 19時35分 の記事
AKB48・峯岸みなみ、イケメンダンサーとの“お泊り”報道で双方のファンに激震


このニュースでは、峯岸みなみと
ダンスボーカルユニット・GENERATIONSとやらの白濱亜嵐
とやらいうかたとの熱愛報道が、
「週刊文春」(文藝春秋)の31日発売号に掲載されるという速報。

これの内容では、まあ週刊窃視が
いろいろな写真を載っけたいつもの感じの記事を
すっぱ抜いた、という程度。

双方の事務所はこの時点ではノーコメントと。



次に、AKB48総支配人の戸賀崎さんの
ぐぐたす(Google+)での発表。

戸賀崎智信さんのGoogle+ (1/31 18:28)

ここで「2013年2月1日付でAKB48 研究生に降格処分」
が発表されている模様。

さらにこのぐぐたす記事に、
物議をかもしている“丸坊主謝罪動画”への
リンクも貼られています。

こちらですね。

こちらの動画は削除された模様です。参考


すげえぽろぽろ泣いてますけど、
どうもこういうのは私はよくわかりません。

余談ですが、私は
きれいな顔の女性は坊主にしても
絶対に似合う、と以前から信じていました(^_^;)。

峯岸は“きれいな”顔だちとはいえないかもしれませんが、
童顔のかわいらしい顔は坊主に合うと個人的には思う。

いや、本気で(^_^;)。

ただ、前髪の生え際が若干、妙、というか、
気にはなりますけどね。

この動画が撮られた時点では、
処分は決定していない感じですが、
まあ戸賀崎さんの発表どおり研究生に“降格”。

新機軸ですな、これは。

指原のように地方にとばしたくはない、というあたりなのか。
研究生もいい迷惑でしょうがねえ。
(実際、困惑するコメントもぐぐたすで見たし)

まあでも実際にどういう扱いになるのかとか、
ちょっと興味深い処分であることは確かですね。






これを受けたニュース記事もたくさんあるでしょうが、
代表してこちら。

J-CASTニュース 2013/1/31 19:08 の記事
峯岸みなみ「お泊まり愛」で丸坊主! 研究生降格で動揺走る


こちらは文春に書かれている中身が
やや詳しく紹介されている感じです。

それに加えてオマケ的に、ある番組で
高橋みなみ、大島優子、篠田麻里子、渡辺麻友、板野友美の
各人の恋愛感が垣間見える発言が引用されています。

まあ情報としては峯岸が坊主にしたことがメインで、
あとは追報程度かな。





で、私が最初に発見したのは、
ぐぐたすの各人の反応。

まあたくさんあるみたいですが、
全部貼ってる余裕もないので、
峯岸本人の分だけ。

2/1 2:54の峯岸みなみのGoogle+

このぐぐたす記事(特に写真)に関しては、
心配しているファンが多数いるだろうから、
とりあえず“元気”であることをアピールしているのだろうな、
というくらいに私は受け取ったのですけど。

これがのちのち波紋を呼ぶわけです。
バカげた話だと、私は思うんですけどねえ。



ついでですが、さっそくこんなパロディも発見しました(^_^;)。

Seiichiro HigashiさんのGoogle+ 2/1 23:33

タイムリーかつ秀逸です(^_^;)。

これはモナリザの髪型を女子大生風にしたら
かわいくなっちゃったみたいなぐぐたす記事が前にあって、
それを受けてる意味もあるのかな。

女子大生風モナリザの記事はロストしちゃったので、
残念ながら貼れません(今回の件とは関係ないしね)。



で、峯岸みなみのことをよく知らないであろうひとも含めた、
ぐぐたす記事の写真が不謹慎という指摘が相次ぐわけです。


J-CASTニュース 2013/2/ 1 15:11 の記事
謝罪からわずか6時間で「笑顔Wピース」 AKB研究生「峯岸の反省」に茶番批判


ま、たしかに峯岸は軽率の謗りは免れ得ないってのは
ないこともないけど。

私は、あの写真は、
峯岸があえて笑顔でWピースまでしてるのだと
受け取ったんですが。

峯岸はちゃっかりしてたり世渡りうまそうに見えたりするけど、

実はものすごく気づかいする子だと思うし。

頭の回転がはやいことは間違いないので、
もしかしたら暴露されることもあらかじめ想定していて、
“心がまえ”とかできちゃってたりはしたかもしれませんが(^_^;)。

本質的に、こんなスキャンダルの渦中に放りこまれて
平気なはずもないのではないかと思います。

そんな中で、あえて笑顔でWピースなんて、
仮に反省していないとしても、
なかなか自然にはできないんじゃないですかね。



それに、不謹慎と受け取られかねないことも、
想像くらいできる子だと思うし。

善意と動揺で、そのへんを考えられなかったとか
甘く見ていたとかはあるかもしれませんけど、
別にファンなら、反省していないわけじゃないくらい
わかるんじゃないかと思うんだけどなあ。

でも、ファンからの反応も
冷たいものが少なからずあるようにも報道されてますね。

ファンの人のコメントまで見てる余裕がないので、
実際どうかは知らないんですけど。
不謹慎と受け取られることを心配して
まじめに忠告しているファンも多い感じなのかな。

そう信じたいところです。

それか、私がテレビとかで知っている峯岸みなみ像が
根本的にまちがっているか、ですけど。
(ま、それはないとは思いますが)



全体として、現時点で私が把握している流れは
こんなところですかね。



この流れの中で、峯岸自身は、
文春の内容に関しては触れていない感じですね。

でたらめとかウソとかもいっていないし、
単なるお友だちとかよくある言い訳も今のところ
少なくとも私の目には入っていない。

ただ、AKB48のメンバーとしてふさわしくないことを
しでかしてしまったというような感じのことを
言っているだけのように思います。



一方で、相手側は否定しているようですが。

オリコン 2013年01月31日 21時07分 の記事
AKB峯岸とお泊り報道の白濱亜嵐 所属事務所「仲の良い友人」

ああ~(^_^;)。
言っちゃってますよ。

「仲の良い友人」(^_^;)。
ヴァカ。




まあでも、こういう言い方しかふつうは出てこないだろうし(^_^;)。

シロかクロかといえば、
クロかもね(^_^;)。



でも、それもこのブログで何回も言っていることですけど、
目くじら立てるようなことでもないじゃん。

で、その件にからめて、こっから
こっからは周辺情報にも言及いたします。

まず、小林よしのり。

これまでの小林よしのりの
スキャンダル(だけ、でもないんだけど(^_^;))
に対する反応は、どうも気に入らないというか、
いちいち私の癇に障る醜悪なものがほとんどでしたが。

今回は、驚いたことに、
完全に同意見を出してきました。

びっくり。

RBB TODAY 2013年1月31日(木) 15時39分 の記事
小林よしのり氏、AKB48メンバーの相次ぐ熱愛疑惑に提言 「これ以上、恋愛禁止ルールは残酷」

まさしく私がこのブログでいってきたこととどんぴしゃで。
なんかうれしい(^_^;)。

今までさんざん小林よしのりの反応をくさしてくたけど、
もともと好きな作家だったのも間違いないですからね。



アイドルとしてはたしかにルール違反だけど。

生身の女の子としては、恋愛禁止なんて
逆にかわいそすぎるでしょ。

“人間”として応援するなら、
がっかりはしても、とめる気にはなれないのが
当然だと思うんですけど、どうですかね。

ルールを守ってAKBをつづけるか、
恋愛したければ個人として活動するか、
どちらかを選べばいいという意見も、
きわめてまっとうです。

私はこの部分は気持ち的に賛同できませんけどね。

いいじゃん、恋愛してても。
二十歳すぎて恋愛経験0なんて、
むしろ不自然ですよ。

いや、まじめに恋愛禁止ルールを遵守している
アイドルのかたたちを揶揄するつもりは
いっさいないですよ。

それはそれで正しい選択だし、好感度も高いです。
そういう子たちから見れば、
裏でちゃっかり恋愛している連中は
許せない、という気持ちもあるでしょうしね。



でも、何度もいうけど、人間としては
とめられない。

本人の選択にまかせるしかないし、
その選択がファンとしての気持ちを裏切るものだとしても、
責める気には、やっばりなれませんよ。

相手を“なんか”の道具としてでなく、
人間として見るならば、さ。



まあ論理的に考えれば、
小林よしのりやテリー伊藤がいっているように、
恋愛したければAKBをやめればいい、
というのも反対はできないですがね。



さて、運営側の件にもちょっと。

今回のスキャンダルが出る直前っぽいけど、
くしくも、こんなニュースがありました。

J-CASTニュース 2013/1/30 17:00  の記事
AKBメンバー解雇に「イエローカード制」「指原の件は非行」 秋元康が「スキャンダル基準」明かす

くしくも、というか、もしかしたら
スキャンダルが表沙汰になる前に
先手をうってきたのかな、と
とることもできますけどね(^_^;)。

まあ、AKB48がこんなに売れてない時期で、
「片想いはいいけど、成就したらダメ」
みたいな発言を秋元康くんがはっきりしている動画を、
以前YouTubeで見たことあるし。


かと思えば、恋愛禁止なんていったことはない(過去記事)、とか
言い出したりもするブレ具合がおもしろいですけど。

今回は、うまい言い訳を考え出したものですな(^_^;)。

仲間うちでしか発行されない“イエローカード”など、
言っているとおり、本当にこれまで存在したのかどうかすら
部外者にはうかがい知ることもできませんからね。

いずれにしても、
胡散臭さがいよいよ加速しただけですけど(^_^;)。

ま、こんなこといわれちゃ、ああそうですか、としか
いいようがないからねえ。



と、いろいろ黒い部分も目につきますけど。

小林の件とかもグレーではありますしね。



最後に、これをどうぞ。

Techinsight 2013年1月29日 14:00 の記事
【エンタがビタミン♪】「気持ちがバラバラじゃ意味がない」。SKE48・高柳明音が揺れるグループに喝。

別に高柳が最後の砦とか、
そういうことをいうつもりもないけど。

すっとしますよ。

ホントに。



ま、高柳がこういう発言をしたのは
峯岸のスキャンダルの前なんで、
うわちゃー、せっかくこういう意見が出てきた矢先に、
といった残念さはありますが(^_^;)。



他にも、こういう子はたくさんいるでしょ、きっと。

やっぱファンとしては、
裏はない方がいいのも事実ですからね。
それを否定するつもりはありません。

ただ高柳も含めて、覚悟だけはしてますけどね。



でも、みんな応援してます。




といったところで、本日はこのへんで。
それでは、また~(^-^)/~~




0 件のコメント:

コメントを投稿