2013/01/06

AKB48「第2章」? 果たしてどうなるのか混沌としていて何も見えないけど……

ご訪問、コメント、ありがとうございます。
青木無常でごじゃりまする。

 

前田敦子の卒業後も、
順調に快進撃をつづけているかに見える
AKB48ですが。

歌謡番組とか
基本的にあんまり見ないんですけど、
それでもこの年末年始は
けっこう目に入ってきてまして。

どうもセンターが定まっていないように
見受けられるんですが、どうですかね。




で、こんなニュース。


MANTANWEB 2013年01月02日 の記事
AKB48 : 次世代センター対決はまゆゆと珠理奈の一騎打ち? ぱるるや大阪、博多からの“刺客”も


次世代のセンターはだれかレース。

渡辺麻友、松井珠理奈が最右翼、
それに続く形で島崎遥香、
NMB48の山本彩、渡辺美優紀
さらにはHKT48の兒玉遥、宮脇咲良、田島芽瑠まで。

う~ん。運営が今後だれを押してくるのかが
正直なところ鍵なんでしょうが(^_^;)。

島崎はじゃんけん選抜で露出している印象が派手で、
渡辺や松井よりも有力、という気がしないでもない。



NMBの二人やHKTの子たちは、
ファンの間では浸透してるけど、
世間一般に対してはまだこれから、
という感じがします。

特にHKTの子らは、
イメージ的にまだ
ポッと出の域を出ない感じは否めない。

ここのところAKBINGOなどの
バラエティでピックアップされることが
多いようにも見えますけど、
一般には届いてるのかな。



ゴールデン帯とか歌謡番組だと、
まだまだ弱いんじゃないかって気がするけど。

ま、そっち方面の番組を普段見てないので、
正直わかりませんけどね(^_^;)。



運営押しっぽい田島芽瑠あたりが、
どう動いてくるのかこないのかが、
焦点になるんでしょうかね。



いずれにしろ、ファンの意向は
いまひとつ反映されないんじゃないかって気が
濃厚にしております。
なぜかってーと。


クランクイン! 2013年01月01日 14:00 の記事
AKB48「第2章」の2013年 注目は大島優子「総選挙出馬」と板野・柏木らのソロ活動


こちらの記事によると、
本音なのか世間向けなのかわかりませんが、
大島優子が前回の前田辞退の総選挙時に、

「大島本人も辞退を考えた」
「最後の私のラストチャンスとして賭けたい」

等と政見放送でいっていた、と書いてある。

(このあたり、記事の文脈がなんか
滅茶苦茶な気がするし、
日本語が明らかにおかしい部分もあるしで、
正直よくわからない部分もあるんですけど(^_^;))。

現時点でのセンターは、総選挙の結果からすれば
まぎれもなく大島優子。

であるのみならず、第二回の時も、
大島がセンターで、私も彼女が次の選挙まで
センターをつとめるものと思っていたし、
世間もそう考えていたはず。

直近のは前田が抜けていたとはいえ、
どっちにしても、大島を真ん中にすえるのが
筋ってもんなんじゃないか、という気がずっとしている。




まあもっとも、だれも指摘しているのを
目にしたことはないんだけど、
今回の一位の得票数で考えると
たしかに、去年を下まわる低さ。

  (2012年大島の得票数
  =108837票

  2011年前田の得票数
  =139892票)

この部分だけを見ると、大島、雪辱を晴らせないまま
前田引退、と見ることもできますよ。

実際、前田が卒業を発表した時のVTR、
よく流れてましたけど、
その時の大島の顔。

「勝ち逃げかよ」

と言っているように、
私には(^_^;)見えました。

この思いが根底にあれば、
総選挙に出て「前田がいないから勝てた」
と言われるリスクは高いし。

(実際には、
そういう論調は見かけませんでしたけどね)

それなら辞退もあり得る。

まして下からの突き上げも、この時に
強く実感しただろうし。

年齢的にも、次世代を売り出しいた方が
アイドルとしてもあり、なのかもしれません。

が、それでもやっぱり、
私は大島がセンターにおさまりきっていない現状に、
大きな違和感を覚える。

次世代は次世代として、
現時点でセンター不在。

これは、怖い状態ですよ。

次世代レースをクローズアップするのは
正しいと思うけど、
ここは大島優子を女王として扱った方が
戦略としてもいいように思うんだけどなあ……。




まあ私は別に大島優子いち推しってわけでもなく、
DDであることを除いても、
センターにいる子とか、メジャーになった子からは
急速に興味をなくしてしまうタイプなので(^_^;)。

まゆゆやぱるるや山本、みるきーあたりも
むしろそんなには注目してないけど(^_^;)。

個人的にはね。



AKB48
第二章が。

果たしてこれから始まるのか。
それはどういった形で
展開されていくのか。


まあ。

興味が尽きていないのは、
間違いないですね。

急速に下降するってことは
なさそう、と考えてもいいような気は
しています。

てか、現時点ではいよいよ興味津々
ではありますよ(^_^;)。

たかみなあたりが、
「第二章はおまえらなんだぞ」
と若い世代にハッパかけてる姿が
目に浮かぶような気がしますよ(^_^;)。




といったあたりで、本日はこのへんで。 
それでは、また~(^-^)/~~ 




0 件のコメント:

コメントを投稿