2013/01/31

75歳すぎたら好き勝手やってもいいみたいです(^-^)

ご訪問、コメント、ありがとうございます。
青木無常でございますよ。



75歳まで、生きていられるでしょうかねえ。
できれば、健康に。

GIZMODO 2013.01.22 20:00 の記事
科学者は言いました「75歳すぎたら、好きなもん好きなだけ食べていいよ」

まあ記事の主旨としては、75歳すぎたら科学的に、
健康にいいとか悪いとか考える必要もなく、
好きなものを好きなだけがんがん食っていい、
食う時間とかも考える必要はない、と。

そういうお話だそうです。

糖分と乳製品は高血圧につながるから
やっぱり考える必要はあるみたいですが、
他はもうやりたい放題やっていい、と(^_^;)。



75歳ともなると、身体的に問題ない状態って
あんまりなさそうには思えますけど、
でも、ちょっとうらやましいかも。

私も別に健康に
それほど気をつかってるわけではないけど、
無意識にしろ意識してにしろ、
やっぱり食べるものには何かしら気を使ってますからねえ。



好きなものを好きなときに好きなだけ食べられる。



そんな状態になったことって、
人生でほぼありませんよねえ。

子どものころは、やっぱり食べ過ぎとか
逆に食欲がなくっても食べなきゃとか
必ず言われるだろうし。



ひとり暮らしをするようになって、
暴飲暴食をしてみたりしたこともないではないけど、
(甘いもの食いたいだけ買ってきて食うとか
その程度ですけどね)苦しくなっただけ(^_^;)。

ま、お金とかいろいろ、別の要因で限界が見えてしまって、
思う存分、とはなかなかいきませんしね。



買ってきたものは食べきらなきゃ、
ってな心理的心配もあるから、
おなかいっぱいになったからもういいや、とも
なかなかなれませんし。





むかし友人にきいたことあるけど、
ごはんとかは好きなときに好きなだけ食べるひとがいて、
食べきれない場合は犬に与えたりする、とか。

心理的に、かなり自由なひとが
世の中にはいるもんなんだなあ、と
うらやましく感じたことを思い出します。



仮にある程度健康なまま
私が75歳まで生きられたとして、
そんな自由な気持ちで日々生きていられるかどうか。

逆にいえば、
そんな自由なハートを手に入れていられたら。

好きなものを好きなときに好きなだけ食べてもいい、
なんて条件自体も、
どうでもよくなっていそうな気もしますね(^-^)。



となれば、そういう心境というか境地に至ることができるなら、
年齢も関係なくなってくるか。



幸福はいまここにある。



そういうことで、いいのかしもれませんねえ。



というわけで、本日はこのあたりで。
それでは、また~(^-^)/~~




0 件のコメント:

コメントを投稿