2012/12/18

SDN48結成時と同様の「ところてん」方式? 増田有華と河西智美のニュースから透けてきたのは

ご訪問、コメント、ありがとうございます。
あいかわらず下降気味ですが頑張って更新、青木無常でごじゃいます。


 
さて、増田有華のラストステージでもあった「AKB紅白」で、
河西智美が卒業を発表したようですな。


オリコン 2012年12月17日 21時52分 の記事
AKB河西智美、「まさか」の卒業発表

正直な話をすると、
予想していたわけではないんですけど、
意外とか「まさか」とかも特にないんですね

ああ、なるほど。
というのが、今感じている気持ちに一番近い。

そもそも、露出が増えて疲れ気味の
選抜常連組自体に
あまり興味が持てなくなって久しい、
という状況もあります。

まあいろいろ(^_^;)下降気味ではあるので、
感情が動かない、という
きわめて個人的な事情もあるのかもしれませんが。


河西に関しては以前の記事にも書いたんですけど、
「甘え上手な女」(河西にからめた関連記事あり)と
「人に迷惑をかけない」という世間一般の常識との
せめぎあいになっていると思いますね。

倫理的・常識的に考えれば河西の行動や
それに対する処遇はあり得ない。

それでも、現実にはこういう“甘い”境遇を
ちゃっかり享受している人間も
少なからず存在する。

むろん、そういう人間の側からいわせれば、
それなりの段取りや
苦労や
心理的な切替もあるのでしょうが。



ただ、限度というものがあって、
河西の場合、
それを若干踏み出してしまったきらいがある。

とはいえ、絶対に許されない、というラインでもない。

このあたりが(ファンをも含んだ)世間一般に、
どう受け止められるかが
今後の河西の活動状況に反映されていく、
ということになるのでありましょう。

そういう意味でも、おもしろいし、注目ですよ(^_^;)。

ただ、心情的には
応援する気にはなっていないです。


Techinsight 2012年12月18日 11:00 の記事
【エンタがビタミン♪】「7周年の帰りに聞いた」。河西智美から“AKB48卒業”を明かされていた大堀恵。



SDN48まで追いかける気にはならなかったし、
ましてそれも(事実上の)解散、となれば、
大堀恵の動向に関しても、この前の結婚報道まで
ほぼ何も受け取ってはいなかったのですけど。

彼女たちのあいだでの個人的なつながりは
連綿とつづいているということなんでしょうかね。

それにしても、
大堀は意外とキーパーソンなのかなあ。

その大堀や野呂佳代がメディアで、
SDNの来歴を「ところてん方式」でAKBから出されて、
みたいな説明をしていたこともありましたが。




今回の一連の件も、
ところてん方式――というか。  

運営側も(裏では、というか、裏でも)
世代交代を積極的に推し進めているのかな、
と、漠然と感じていた推測が
今回の河西の発表で強化されたように考えられます。

佐藤夏希の件にしても、
もしかしたら増田の件にしても、
裏にはその流れがあったから……

なの、かも、しれない。
ってところで(^_^;)。



増田や河西は積極的離脱、として、
佐藤の場合は、
進退を問われていた可能性も考えられる。

お天気キャスターや、
地方とはいえレギュラーの獲得などもあったと聞くし、
運営側としては受け皿を用意した上で
佐藤に進退を問うていた、というような。

そういう流れがあって、
佐藤がその流れに乗る気になれなかったとしたら。

その原因が、不満とか不安であったりとか、
あるいはまったく別の方向であるのかは
ちょっと私のような薄いファンには推測のしようすら
ありませんけど(^_^;)。

ただ、以前もいったことだけど、
秋元康は、モーニング娘。の“世代交代の失敗” について、
後進が育っていないのに進めてしまったことを上げていた。

確かに島崎遥香をはじめとした
新世代の売り込みはされていますけど、
それが世間に浸透しているかどうかは
……どうなんですかね?



私は“世間”とは隔絶された人間なんで(^_^;)。

よくわかりませんが。
でも、そううまくいってるのかな、という懸念は
どうしても拭えないんだよなあ。

世代交代はおもしろいし、歓迎したいので、
このあたりについても
もちろん引き続き、注目していきたいとは
思っていますけどね。



オリコン 2012年12月17日 22時09分 の記事
AKB増田有華、ラストステージで号泣 活動終了も「また来てなー!」で締め 




というわけで、こちらは予定通りの
増田の卒業も無事完了したようで。

ぐぐたす(Google+)やブログの方も見てみたんですが、
ブログは未だ更新なし。
ぐぐたすの方は、もう抹消されてるようでした。

予告はされていたので、佐藤夏希の時の
異例のすばやさあわてっぷりに比べれば、
まあこれも予定どおり、ということでしょうかね。
余韻も何もありゃしねえが。



ツイッターは残っているので、
一応リンクしときます。

増田有華のツイッター

こっちのアカウントだって、
いつ抹消されるやら残るやらわかりゃしませんが(^_^;)。


 本日は、こんなところですかね。

 
あ、一応、河西のブログにもリンク貼っときます。

河西智美オフィシャルブログ「ザナ風呂」
みなさんへ

この記事に載せてる写真が
板野知美とのツーショットであるところが
若干ほろりときてしまいましたが(^_^;)。



というわけで、以上です。
それでは、また~(^-^)/~~





0 件のコメント:

コメントを投稿