2012/12/08

移転済>押井守監督が身も蓋もない「ヱヴァンゲリヲン」評+おまけ


Amazonリンク


この記事は別ブログ
無名戦士の黒い銃に移転いたしました。

こちらから閲覧いただけます。

記事内容抜粋:

「世界の庵野」を「世界の押井」が
身も蓋もない表現でばっさり切り落としました。
痛快。
(中略)
いわく、
「ステロタイプのオンパレード」
「いつかどこかで見たもののコピーの連発」

正直にいえば、このあたりは、
庵野監督の“欠点”ではなく…
続きはこちら



Amazonリンク






0 件のコメント:

コメントを投稿