2012/12/26

と、いうわけで、結婚の話題

ご訪問、コメント、ありがとうございます。
青木無常でおじゃります。

ふんが。



と、いうわけで、無事クリスマスも終わりましたな。
あとは年末年始だけですよ。
しかし私はあいかわらず失業したまま。

積極的に仕事をさがす気にもなれないまま、
とうとう年末を迎えてしまいました(^_^;)。

困ったなー(^_^;)。

というわけで、超低空飛行で年明けとともに
生活の危機をも迎えそうな状況なんですが。

なんでか焦る気持ちがわかない。

いや、焦らなきゃなんない状況なんで、
これは非常に悪いことなんですが(^_^;)。
ともあれ、精神的には
低空飛行から回復しつつあるという。

それ却ってよくないんじゃない、とかいう
ツッコミはなしね(^-^)y。

ではクリスマスに紹介するつもりだった
結婚の話題を出しますよ。


スポーツ報知 2012/12/15-12:11 の記事
デカイエロー・木下あゆ美、デザイナー兼経営者と結婚

ドラマ「怨み屋本舗」シリーズの主役
“怨み屋”を演じていたひと、といえば、
ああ、あのひと、と思い当たってもらえるでしょうかね。



どう考えても「デカイエロー」よりは
怨み屋の方が通りがいいように思うんだけど、
ニュース記事のタイトルはなぜかデカイエローなところが
いったいどういうことなんだろう? という感じではありますが(^_^;)。

それとも、特撮浸りの人生を送ってきた私が気づかぬ間に、
一般ドラマより戦隊ヒーローの方が
世間でも通りがよくなってた、なんてことは

……ないだろうなあ(^_^;)。

あったらうれしいんですけどね。



まあ、ともあれ、
「特捜戦隊デカレンジャー」の
デカイエロー・礼紋茉莉花にしろ、
怨み屋にしろ、非常に雰囲気にあっていた。

と、いうよりは、彼女の女優としての力量が
非常に高かったんでしょうかね。

切れ長の目、おちついた佇まいに、
デカイエローの場合はとぼけたギャグや言動、
怨み屋の場合はミステリアスな雰囲気が
ドラマを盛り上げていましたよ。

なつかしいなー。

どっちも大好きで、毎週楽しみに見てたし、
その楽しみの中の大きな部分を
木下あゆ美というひとが、確実に、担っていました。


なんで横向きに……


今回のニュースを見て、
木下あゆ美ももう30なのかと思ったけど、
デカレンジャーの時点でもう二十歳こえてたんだって、
今回Wikipediaみて初めて知った。

十代なかばくらいのイメージがあったんですが(^_^;)。

まあ今でも、写真を見る限り30歳には見えませんね。
大人びた外見ですけど、
若くも見えるってことなのかな。

不思議。



あと、これも知らなかったんですが、
愛知県知多市出身なんですね、彼女。
私もそうなんです。

鉄道の路線の関係で、
知多市っても、海側と山側だと
接触がないといっていいくらい隔絶したイメージが
(私には)あるので、どっちに住んでたのかなー。



なにはともあれ、
幸せになっていただきたいものです。

それとともに、これからも
テレビで見る機会があることを希望します。



ついでってわけでもないんですが。

デカレンジャーで共演していた
デカピンク・胡堂小梅役の菊地美香。




木下あゆ美のwikiページにリンクがあったので
見てみたら、
知らん間に結婚して離婚してた(^_^;)。

Wikipediaの記事にもありますが、
木下あゆ美と菊地美香はタレントとしてはけっこう対照的で、
菊地美香は認知度があまり高くない様子。

結婚も離婚も、報道されたかどうかは知りませんが、
少なくとも私の目には、今回のようには
入らなかった、ということで。
菊地美香も好きなんだけどなあ。



おふたりとも、
もっともっと活躍を見る機会が増えれば
うれしいです。



というあたりで、本日はこのへんで。
それでは、また~(^-^)/~~



ちなみに右は載寧龍二







0 件のコメント:

コメントを投稿