2012/12/25

これを機会に召還してみる? 邪神と歌おう、クトゥルフマス・ソング!

ご訪問、コメント、ありがとうございます。
ふんぐるい! 青木無常でございます。



いやあ。
いいわけさせて下さい。
ぜひ!

楽しい記事、とまではいかないにしても、
せっかくのクリスマスなんで、
まああんまり邪悪な内容の更新はすまい、と

思っていたのですよ。

ホントに!

若いころの私だったら、それこそ
ハンマーふりかざして道ゆくカップルの脳漿を
アスファルトにぶちまけてやりたくて
仕方ないところだったかもしれませんが(^_^;)。

年とったせいでもありませんが(^_^;)、
ハンマーをふりまわすなんて所業に
そもそもからだがついていかない(^_^;)。


なので、特にクリスマス特集とかするつもりもなかったけど、
めでたい結婚の話題とかで適度にやり過ごそうかな、
くらいには、考えていたのですがね。

ところが!(^_^;)

見つけてしまったのだからしかたがない!

クリスマスの時期にしか語れない、
邪悪きわまる話題を!


ふんぐるい!






と、そういうわけでありますので
以下の文章を読んだら聖なる夜にも関わらず、
激しく邪悪なものを召びよせてしまう危険性が
きわめてきわめて甚大です。

ので、そんな危険をおかしてまで、
あえて読もうってんなら
自己責任でお願いいたします (^-^)。

ぜひ!



kotaku 2012.12.23 17:00 の記事
メリークトゥルフマス! クトゥルフなクリスマスソング『ママがヨグ=ソトースにキッスした』&『赤脳のミーゴ』

なんとまあ。
こんな動画をわざわざ作成するかたが、
世界にはいらっしゃるものなんですな(^_^;)。

しかも、それをニュースにするヤツも(^_^;)。

クトゥルフをご存知ない?
それは幸いですな。



クトゥルフというのは、H・P・ラヴクラフトという、
その筋ではきわめて高名な作家が創出した
「宇宙的恐怖」が謳い文句の
創作神話の邪神でございます。

簡単にいうと

人間なんかゴミ!

塵芥とすら認識しないくらい壮絶かつ邪悪な神々が
宇宙的な闘争やら身じろぎやら幽閉やらされている下で、
か弱き人間が翻弄されてロクでもない結末に。

というような感じの、人間無力賛歌の作品群。

オーガスト・ダーレスという、
ラヴクラフトの高弟を自認する男が
ラヴクラフトの物語世界を体系づけて展開し、
いまや世界中に好事家、いやいや愛好家を擁する
一大作品群に成長しております。

日本の高名な作家も多数、
クトゥルフものを書いています。



記事中の「ヨグ=ソトース」と
「ミーゴ」(正確には「ミ=ゴ」)は
この「クトゥルフ神話体系」にお出ましになられる、
邪神と、異星の種族でございます。

記事中に動画へのリンクもありますが、
こちらに転載はいたしません。

ヘンなものが召還されたらたまらん
いやいや英語なので、
きいてもよくわかりませんから(^_^;)。

まあクリスマスソングのパロディの形をとった、
邪神召還儀式の流布活動の一環でしょうな(^-^)。



いや、もちろん、フィクションですよ、クトゥルフ神話自体。

でも世界には、本気で旧支配者や旧神が存在すると、
信じて疑わない輩も驚くほど多いと思われますし。

邪神なんざ召びつけて、
なにをさせよう、てのかまでは
わかりませんが(^_^;)。

まあ歌詞がよくわからんので、
単なるクリスマスソングにしか聞こえませんが

うっかり再生してママがヨグ=ソトースと仲良くなったり、
狂気とともにユゴスよりの使者が到来してしまっても、
私は責任持てませんので。


(予約)ミ=ゴの脳みそハント!
(予約)ミ=ゴの脳みそハント!
価格:2,468円(税込、送料別)


ひとつ、よろしく(^-^)/。

いあいあ、いや違った、いやいや。

決して、私自身がカップルとかの幸福を妬んで
邪神を召還してめちゃめちゃにしてやろうとか、
そういうことを目論んでいるわけでは
ござひませんとも、ええ、決して。

うひひ。

んがあ んんがい わふる ふたぐん よぐ・そとおす!
よぐ・そとおす! いあ! いあ! よぐ・そとおす!

え?

私、なにも唱えてなどいませんよ。
ええ、いませんとも。
幻聴がきこえてきましたか?

まずいかもしれません。

戸締りなんざしても、無駄だと思いますけどね。

何せ相手は、宇宙的な恐怖を体現した邪神。

いやいや、もちろん、創作ですとも。
ご心配には及びません。

たぶんね(^-^)。



というわけで、本日はこのへんで。
それでは、また~(^-^)/~~





0 件のコメント:

コメントを投稿