2012/12/13

大島優子や高橋みなみは影が薄い?

ご訪問、コメント、ありがとうございます。
青木無常でありますよ。

J-CASTニュースはよく見るし、
好印象を持ってたんですけどね。

今回のは、反論あり。



J-CASTニュース 2012/12/12 11:50 の記事
AKB48どんどん影が薄くなる!大島優子も高橋みなみもミニどっきりの添え物

私、実は「ガチガセ」見てないんですよ。
最初のころは見てたんですけどね。
最近はすっかり見なくなっちゃいました。
おもしろくなかったんで。

開始当初から、モーニング娘。の
「モー。たいへんでした!」が引き合いに出されて、
アイドル番組のゴールデン進出に対する懸念は
論じられていたようですけど。

正直、 「モー。たいへんでした!」はおもしろかった。
失敗したのは、内容ではなく単に
時間帯の問題だけだったんじゃないかな、と疑ってるんですけど。

(それ以前に、青木無常の感覚が一般とズレまくってる、
て揶揄は勘弁して下さい(^-^;))




「モーたい」はともかく、「ガチガセ」はつまらなかった。
おもしろい部分もあるけど、ほぼAKB48とは無関係。

で、何ヶ月か前だったか、どこかで
さいきん「ガチガセ」がおもしろい、と
目にしたことはあったのだけど。

ふーん。
という感じで、惰性が効いていないせいもあってか、
あいかわらずスルーしてますので、
実際どうなのかは知りません。

が。

おもしろいかどうかはともかく。

記事内容を見る限り、以前よりはむしろ
AKB48自体にスポットを当てる率も
あがっているようにも思えるんですがね。

記事には
「スタート当初はAKB48総出演だったが」
などと書いてあるけど、
雛壇に大量の人間がすわってるだけの状態だったはず。

AKBである必要、一切ないじゃん、と
毎回思ってたし。

メンバーが取材に出ることもあったけど、
メンバーそれぞれの個性にスポットを当てるでもなく、
あれだったらAKBではなく他のタレントに置き換えても、
まったく支障はない、としか感じられなかった。



今回の記事にある
「大島と高橋、後輩から本当に慕われているのはどっち?」
なんて、もろ、大島と高橋でないと成立しない企画だし。

メンバーの反応だって
AKBならでは、の内容にならないはずがない。

これはおもしろそうですし、
むしろAKBを実質的にきちんとクローズアップしている。
少なくとも“スタート当初”の、雛壇にたくさん
並べられてるだけ、てな、お粗末な状況よりよっぽど……。







あ、大事な前提を提示しておくのを忘れてた!

スタート当初、てのは、
「ガチガセ」ではなく
「なるほどハイスクール」を私は想定しています。

となると、特番だった「なるハイ」と
ロンブー田村が司会やるようになった「なるハイ」
さらにはその後番組の「ガチ?ガセ?バラエティー なるほどHS」
(から、「ガチガセ」になった?)の違いあたりも問題になるか。

てか、すでにこの迷走ぶりからして、
AKB48をフィーチャーしてゴールデン、
て企画自体の失敗が明白なような気がしますが(^_^;)。

私は、瀬戸内寂聴が校長だった特番の
「なるほどハイスクール」は、
ふつうの出来だと思ってます。

名番組だと主張するほどでもないし、
ダメだと切って捨てるほどでもない、という感じ。

まあ、見なくてもそんなに損はなかったかな。

という程度でしょうかね。



ところが、週一のゴールデンレギュラー枠を獲得して
あらためて放送が始まってからは、
おもしろくもないAKBとは無関係な内容の
雛壇にすわった大量のにぎやかしだけが「AKB」

というと、いいすぎですかね。
いま日テレ「なるほど!HS」公式サイトのバックナンバー
をざっと見てみたら、けっこう各メンバー出てる。

でも、私の印象としては、

・AKBのだれかを、他のタレントに置き換えても、
 まったく問題はない。
・AKBメンバーの個性が活かされていない。

という二点が、おもしろくない理由として
頭にあるんですけどね。

でも、「スタート当初」と今の内容と
概要だけみると変わってない。

というか、今回の記事にある「大島と高橋」の件は、
AKB以外に置き換え不可能だから、
その点でいえばむしろ改善されてる、
とすら思うんだけど。

てか、むしろ、これなら“AKBファン” なら
充分に興味をかきたてられる内容ですけどね。

“ゴールデン帯の視聴者”ならどうかは知りませんが。



で、「なるハイ」ではなく「ガチガセ」の
「スタート当初」という点でいけば。

AKB48のメンバーとそうでない女の子を
シャッフルして順々にベルトコンベアに乗せて流して、
AKBのことをよく知らないゲストに
流れてきた子がAKBかどうか当てさせる――

てな、企画がありましたが。

これだと、確かにAKBでないと成立はしませんが、
同時に、
AKBの子が動物園の動物扱いされている印象が強くて、
これもくそつまらない内容、としか私には思えませんでした。

だって、AKBファンなら、だいたいわかるし(^_^;)。

仮にわからない子が流れてきたとしても、
あんまりおもしろくない。

罰ゲームがあって、
AKBなのに「ガセ」と判定されてしまった子が、
バイトにいって一般のひとにAKBと気づかれるまで
働かなきゃならない、みたいなのがあって。

それはそれでおもしろかったですけどね。
ただ企画としては弱くて、
これだけで保たせるほどではなかったでしょうし

あくまで、ベルトコンベアの“罰ゲーム”
でしかなかったですしね。


河西はたしかバックれてたような……罰ゲーム(^_^;)

「ガチガセ」当初はこれとともに、 
もうひとつメインの企画があって。

いろいろなものの“本物”と“偽者”をならべて
それをAKBメンバー組とゲスト組で
どっちがガチどっちがガセか
判定させる、というものでしたけど。

これはやっぱり、別のタレントでも成立するし、
みていて彼女たちの個性が出ているとも
感じられなかった。

それに、
チームにおネエのひとが混じってたりしたけど、
驚くべきことに、個性のカタマリともいうべき
おネエのかたの個性まで、殺されていた。

企画自体はおもしろいけど、
AKBを持ってくる意味がない企画でもあった。

だから、AKB目当てで見ていた私は
もう見なくていいや、となっちゃった。



 

思えば、ゴールデン進出→視聴率とれず迷走
という同じような運命をたどって
ついには消滅の憂き目をみた
「モー。たいへんでした!」は。

モーニング娘。のメンバーがタレント宅におしかけて、
掃除に使える日用品のうんちくを語るなど、
台本みえみえの企画もありましたけど。

でも、娘。のメンバーが前面に出ている点が
私にはおもしろかった。

迷走ぶりも逆に興味深かったし、
一度だけ、視聴率とるだけの企画で、
生放送で電話をするだけで
10万円(だったかな?)もらえる、みたいな回があって

その時は
モーニング娘。のメンバー一切出なかったので、
超、腹が立ったことがありましたが。

でも、それ以外はだいたい最後まで
毎回楽しみに見ていました。

人数の膨大さのちがい
というのもあるかしもれませんが。

「なるハイ」「ガチガセ」は
司会の田村や川越シェフ(最近は出てない?)
ばかりが目立ってる印象しかない。



番組としては、
それで寿命を延ばしてるのかもしれないけど、
AKBは名前だけ、という印象がどうしても拭えない。

「モー。たいへんでした!」は
モーニング娘。にこだわって
視聴率低迷を抜け出せず、
結果を出せないまま打ち切りになったのかもしれませんが。

でも、ファンにおもしろくない番組、という意味で言えば、
「なるハイ」「ガチガセ」は意味がないのでは、と。
思うんですけどね。

いや、最近見てないし、今どうなのかは
正直わかりませんが(^_^;)。

でも、今回の記事を見る限りでは、
状況は変わってない、という気がします。

というより、私が見ていない時期に、
きちんとAKBにスポットをあてている次期が
あった、ということなんですかね。



いずれにしろ、今回の記事内容が
「ガチガセ」つまらない、というものであれば、
別に何もいうことはなかったんですが(^_^;)。

何かAKBを貶める内容だったのでねえ。

別にAKBの影が薄い番組であるのは、
今に始まったことじゃありません。

「スタート当初」とかわったとも思えません。

この手の番組が始まるときに、
巷間で噂されるとおり、
ゴールデンとアイドルの相性が悪いのかどうかは
私にはわかりませんけど。

アイドルを冠に番組を作りたいなら、
似たような轍を踏まないために、
きちんと分析・対策してほしいですよね。

なぜ、アイドルのゴールデン進出は
失敗する、といわれるのか。

成功するにはどうすればいいのか。

「なるハイ」「ガチガセ」で、
私が見た限りにおいては、
それがきちんと成果をあげているとは
とてもじゃないが思えない。

だからピントのズレたニュースとか
書かれてしまうのですよ。



でもこれが、J-CASTニュースの主張したいとおりの、
“AKB48の凋落”のあらわれではない、
とも断言することはできませんがね。

大島や高橋じゃダメなのか?

裏を返せば、前田敦子の卒業は、
AKBにとって致命傷だったのか?



ということを言いたいのかどうかは知りませんが(^_^;)。

深読みしすぎ?(^_^;)


ま、
キリストをこえた、
とはいえないと思いますけど(^_^;)。
確実に。



なんか、
ちょちょっと書いて終わりにするつもりだったのに、
思いのほかボリューミーな内容になってしまいました。

「モーたい」 について、前から語りたかったし(^_^;)。




という感じで、本日はこのへんで終わりにします。
それでは、また~(^-^)/~~






0 件のコメント:

コメントを投稿