2012/12/02

不公平な話なんだけど、正直にいうとありますね

ご訪問、コメント、ありがとうございます。
青木無常でおじゃります。



AKBの話題ばかりつづいてますが、
若干、どの話も小康状態につき、
軽い続報も含めて、関連情報ってことで。 

「笑って許される女」になるには?
てな感じの記事紹介と、 
増田・佐藤関連にもちょっと。
+おまけもつけときました(^_^;)。
 

 ☆笑って許される女

マイナビニュース 2012/11/27 の記事
人生なめてる女はかわいい!?笑って許される女になる方法

記事初っ端に、河西智美の名前をもってきているとおり、
河西の番組ぶっちぎり・ちゃっかりソロデビュー関連にからめて、
この手のちゃっかり女性の手口を分析。

でも、この記事よく読むと、
ちゃっかりしてるけど裏はなさそう、
という方向に評価は流れてる。

具体的に紹介しておくと、第一に
「好き嫌いを隠さず普段からはっきり主張」
「自分の弱さをさらけだす」といった
強がりや気づかいよりは等身大の自分を普段から開示。

これによって
背伸びや我慢を回避できる下地が作られる。

で、この流れからさらに、これも普段から
体が弱いとかいうことを強調しておけば、
「体調悪くて」の一言で面倒ごとも回避できる。

でも「許すのが得意」という項では
自分だけでなく他人にも甘い、という
言っちゃなんだけど「プラス要素」も加え、
「感謝する」ということも、普段からアピールする。

よい言葉を使えば、器用である、ということですかね。

まじめで不器用な人間には、
ずるがしこくて許せない感も強いんですが。

他人に対しても甘かったり、きちんと感謝する、という部分は
(見せかけだけならともかく)見習いたい部分でもあるし、
強がりや余計な気づかいを排除できる器用さは
うらやましい限りでもありますよ。

で、男性側からすると、
「ん?」と思うことも多々あるけど、
○○だから、まあいいか――
って、正直、なりますよ。

ただその相手を助けるのに、
自分の立場や何やらを危うくしなければならない状況となると、
普段の他人に接する態度や
きちんとした感謝を感じているかどうかによるので。

こいつ、自分には甘いけど他人には厳しいよな、とか
こいつの感謝って、上辺だけだよな、とか
感じさせられたりしていたら、やっぱ突き放しますよね、
いざって時は。

「だますんなら、上手にね」ってことですかね(^_^;)。
身も蓋もない言い方をするならば。



で、上の記事に関して、ちょっとだけ
「謎の同記事連続掲載」されていたので補足。

マイナビニュース 2012/12/01 の記事
人生なめてる位がかわいい!笑って許される女になる方法

いや、上のとは、別の記事なんですよ!
内容はほぼ一緒ですけど(^_^;)。

ただ、上のは日付が11/27、下のは12/1。

タイトルも「かわいい」のあとが
「!?」から「!」にかわってる。
あ、それと「女」が「位」に変化してますね。

で、内容は、上の記事の、河西への言及部分だけが、
下の記事からは削られてて、あとは一緒、てな感じみたい。

……。
いったい、どういう意図なんでしょうかね。
古い方の記事を削除しているわけでもないし。

河西の名前を出さない方が
イメージがいい、とか、そういう“配慮”で、
改めて記事を出したとか、そういうことなのかな。

河西智美って、そんなに同姓ウケ
悪いんですかね(^_^;)。


 ☆増田と佐藤の件の軽い続報

日刊スポーツ 2012年12月1日16時18分 の記事
増田有華17日AKB紅白まで活動

AKB48増田有華スキャンダルで脱退の危機! DA PUMPのISSA宅にお泊り報道」と
追記あり!:増田有華の件追加+SKE48紅白出場決定で一安心していいのかな
では書かなかったので、
一応続報ってことで。

「AKB紅白」ってとこが若干ややこしいですが(^_^;)。
ま、今月なかばで引退セレモニーもあり、
ってなところですかね。

で、握手会でのファンの反応は

Techinsight 2012年12月2日 10:30 の記事
【エンタがビタミン♪】「有華の夢は僕らの夢」。AKB48・増田有華の最後の握手会でファンからエール。

みんなやさしいですな。
この内容や、増田のGoogle+からすると、
挨拶だけで個別の握手は中止、
てな感じだったんですかね。

まあ個別の握手決行したら、
さすがにクレームつけるヤツとかも
少なからずいたでしょうしね。
危険、と判断するのが普通でしょうかね。





ただ、指原と対比して、
増田を上げるような書き方をしている部分もありますが、
これは違うっしょ。

増田がこれだけ早く決断したのも、
大人的な計算がなかったとは
言えないんじゃないですかね。 
   


MOVIE Collection 2012年 11月 30日 の記事
増田有華のお泊まり報道、小林よしのりは切り捨て、大島優子はエール!

小林よしのり、以前は好きだったんですが、
ここんところのAKB48スキャンダル報道への反応が、
おおむね私の気持ちとはズレていたり正反対だったりで。

何よりファンのグループの子を
世間の尻馬に乗って貶めるような発言が目立つので、
だんだん嫌悪感を増大させつつあります。

ま、嫌悪感を煽るのも小林よしのりの芸風ですがねえ。

で、今回のこの報道も、タイトルを見て、
「またか」と思いましたが。

舞台、見にいってたわけですね。
で、そこで何も感じなかったから――
というような主旨の発言。

これなら、なるほど、と言えなくもない内容ではあります。

でも、私は舞台みてないし、
何より「男といちゃついてた」ことと、
舞台での存在感は無関係だろう。

まあこれも小林よしのりの芸風だけど、
きらいな人間に対して子どもが
非論理的な粗さがしをしているだけ。
……としか、思えません。

やっぱダメだ小林よしのり。
感情的にも論理的にも容認できんわ。

熱狂した漫画の作者だし、
きらいになりたくはないんだけど。

醜悪すぎる。

これも小林よしのりの芸風だけどね(^_^;)。


で、佐藤の件なんですが。
何も新しい情報が出てませんね。

とりあえず、これを↓

財経新聞 2012年12月1日 00:40 の記事
2期生悲痛! 増田に続いて佐藤夏希がAKB卒業を発表し、同期の大島優子らが心境綴る

後半で、大島の弁が読めます。
が、佐藤から電話があったという部分くらいかな。
それもたいした内容ではないです。



何かないものかと思い、
ひさしぶりにエケペディアを開いてみたのですが、

ここにも何も新しいことは見当たらないですね……。



謎すぎる!

ホントにホントに情報希望。
寝覚めが悪すぎるわい。



暗くなってしまったので(^_^;)、おまけで、
北原里英がGoogle+に貼ってた
どうでもいいけどすてきな写真にリンクしときます。

東京の見えるお風呂






というわけで、本日は以上です。
それでは、また~(^-^)/~~





0 件のコメント:

コメントを投稿