2012/11/18

それでも行ってみたい? 宇宙旅行 生きている間に実現するかな

ご訪問、コメント、ありがとうございます。
青木無常でありますよ。




お金さえ出せば宇宙旅行には
いけるようになっているみたいです。
でも、果たして行ってみたいものかどうかは、
まったく別の問題。

マイナビニュース 2012年11月18日 13時10分 の記事
もしも科学シリーズ(18)もしも宇宙旅行にいくなら

いやはや、敷居が高いなんてもんじゃない(^_^;)。
記事冒頭の、国際宇宙ステーション滞在10日間
コンサートの旅なんざ、苦情続出になりそうですね(^_^;)。

上昇時の15分間体重3倍
吸引式トイレ(プライバシーゼロ?)
食事は全部宇宙食、あたりは、
どうにか我慢する、としても(^_^;)。

宇宙酔い、このあたりからきつくなってくる。
ふつうの旅行でも、船酔いとか
想い出にかなりの泥が塗られますよ。

虫歯も困りますね。
旅行前に完治させておかないと、
一気にものすごーく悪化する、
ってことですよね、これ。

この虫歯悪化、てのは想像もしていませんでした。

でもまだまだ。

宇宙遊泳するのに減圧で12時間以上、
窒素を追い出すのに1時間
(しかもその方法が準酸素を吸うって、酔わない、これも?)
さらに着替えに最低1時間。

正直、この行程は省略で結構です。
無重量(低重量か?)ならシャトル内で充分。
と、いいたいところですが、
記念撮影はやっぱりしておきたいな……。

帰るときもたいへんみたいですよ。

以下引用
「最終日は帰還の準備で忙しい。血液の減少と降下時の体液シフトで失神しないよう、塩の錠剤と多量の水を飲んでおこう。ただし空港到着までトイレはお控えください。」
以上引用

塩の錠剤、て、なに?
トイレ我慢できなくて、
もらしちゃったらどうなるんだろう!?

で、ここには紹介されてないけど、
着陸にかかる時間て(逆も同じだけど)
どれくらいなんだろう。

パラシュートによる急制動って、
どれくらいの圧力がかかるのか?

帰還できても、乾杯なんてしてる余裕、
いっさいないよ、きっと!
しかも、44億円ならモルディブどころか
世界一周だって余裕なんじゃない?





結論。
ムリ。

宇宙へいくと意識がかわる、
というスピリチュアルな報告もあるけど、
私凡人でいいです。

コスミックコンシャスネス得るには、
他の方法をさがします(^_^;)。





われわれが少年のころに描かれていた
未来像は、
やっぱりまだまだ先の話なんでしょうかね。




火星どころか、月基地ですらないし。

ナチスの秘密基地なんて、
むしろあって欲しいくらいだよ(^_^;)。



価格:1,575円(税込、送料別)

とりあえず旅行いくなら箱根あたりでいいや(^_^;)。

でもそんなお金もないけどね。
お金が入ったら箱根いこう(^-^)。






というわけで、本日は以上です。
それでは、また~(^-^)/~~



0 件のコメント:

コメントを投稿