2012/11/16

がんばる、がんばらない、がんばります。がんばる。がんばれば、がんばれ。……がんばるな。

ご訪問、コメント、ありがとうございます。
青木無常でございます。



困ってしまいます。
自分のために、がんばれないのですね。

だれかに迷惑をかけるとか、
だれかに怒られるとか、
そういう抑止力がないと
がんばれないで、怠けてしまうのですよ。

怒りを制御できないのも、
たぶん根は同じですね。

原始的なのです。

不安や怒り、そして、
私たちを一番協力に抑圧する
現状維持。

無意識という巨大な怪物が司る領域。

これを克服しないと、
現代社会の生活って、
うまくいかないみたいなんですよね。

他人に迷惑をかけてもしかたがない。
それより、自分に迷惑をかけないようにしよう。

と、思っているのですが、からだは正直。

てか、無意識は強大。
その壁の、あまりの強力さに、
困惑しているところでありまして。

困ったなー。



ビーカイブ 2012年9月17日 の記事
覚えておきたい、人を励ます上手いセリフ

言葉も浮かばず困ってしまう時に、指針にでもなれば、
というような内容の記事です。

紹介されているのは5つだけなので、
使える場面も限られてしまうかもしれませんが、
まあ覚えておけばいつか役に立つでしょう。


■「頑張りすぎないで」

ノースリーブスのデビューシングル
Relax!」もこういう内容でした。

ま、でも、高橋みなみ峯岸みなみは、
がんばりすぎるほどがんばり屋だと思うし、
のんびり屋に見える小嶋陽菜だって
人知れずがんばっている(かもしれない(^_^;))でしょうし。

あの歌は、歌っている三人に向けて
歌われているメッセージのようにも、
私には思えるんですがね(^_^;)。

がんばっている人にも、
がんばっていない人にも、
「がんばれ」は無用なセリフかもしれないですね。

■「俺もフラれたことがあってさあ」と、フラれた体験談を話す

う~ん……これって、効果あると思います?
おれは今自分のことで手いっぱいなんだ、
てめえの体験談なんざ知るかよ!
みたいな気分になりませんかね。

■「いいと思うよ、だけどね……」
いったん受け止めて、やんわり別の意見に移行、
てのは、この手のテクニックでは基本のひとつでしょうかね。

ただ、この記事の場合は「だけどね」という
否定的ないいかたをしてるのが、
気になるっちゃ気になるな……。

■「あなただから言うのだけど」
この手のセリフを女性にいわれると、
男性は弱いです。
逆の場合は、どうなんでしょうかね。

■「自分が嬉しかった言葉」を伝える
効きそう。
でも、うれしかった言葉がない不幸な人間は、
どうすればいいんでしょうか(^_^;)。



がんばるがんばらないより、
まずは効率的にやる方法を見つけなきゃ
なんですよね、まず私の場合は。



まあ、それ以前に、
切り捨てるべきことを、
ばっさりどんどん切り捨てなきゃ、
なんですけど……。

なかなか踏ん切りがつかないんですよねえ。

それにやっぱり、
がんばるべき時ってのは、
どうしてもあるし。




というわけで、本日はこのへんで。
それでは、また~(^-^)/~~



0 件のコメント:

コメントを投稿