2012/09/07

だってうぜえじゃん

ふたつめです。
ホント、どうしても長くなっちゃうんだよなー。

これも、「どんどん儲かる「笑顔」のしくみ」の
第二回の記事なんですが、
この人の主張では、
販売員はやっばりお客様に
声をかけるべきだ、という感じ。

私が
「元ショップ店員が教える すすめられた服をやんわり断る5つの方法」
という記事で書いたことと
真っ向ぶつかりますけど(^_^;)。

ダイヤモンドオンライン 2012年9月4日  の記事
笑顔はお店の「招き猫」

まあ、「客としての立場」と

「販売する側としての立場」の
ちがい、ということですかな。

歩きながら、あるいは作業しながら
笑顔で近づき、声をかける。

これでだいぶ違うみたいだし、
抵抗なく客のパーソナルスペースに
入るテクニックでもあるみたいですね、これは。

パーソナルスペースに関しては
このブログの過去記事「あんまり近づくな!
で、ちょこっと解説してますので、
よろしければご覧ください(^-^)。

だいすきー。
これ気に入っちゃった(^_^;)。



0 件のコメント:

コメントを投稿