2012/09/19

なんかできすぎじゃない?>じゃんけん大会優勝は島崎

本項記事の一部のみアメブロに移転しました。


ご訪問、コメント、ありがとうございます。
青木無常でありますよ。








さて、年に一度のお祭り騒ぎの
じゃんけん大会も終わって、
懸念のセンター発表も蓋をあけてみれば
大島優子松井珠理奈のWセンターということで。

前田のスキャンダルに関しては
いっさい触れられることもなく、
私的には、大きな驚きも
喜びもない結果となりました。

というか、このタイミングで
文春は追報をかましてきたみたいだけど、
正直程度の低いいやがらせとしか思えない。

記事はまだ読んでないけど、
ざっと見たところ、
新しい情報も意外な情報も
特に見あたらなさげ。

まあ下種な雑誌のことは
今日はおいておいて。

楽しみにしていた
じゃんけん大会に
ちょいと感想をのべてみましょう。

MANTANWEB 2012年09月18日 の記事
AKB48 : 第3代じゃんけん女王は島崎遥香

さて、「マジすか3」や「バカレア高校」で
主役を演じる島崎遥香が優勝。
なんかできすぎ。

あれだけの巨大イベントで、
あの人数の子どもたちに
シナリオや段取りを覚えさせる手間とリスクを考えても、
あらかじめ決まっていたとは
ちょっと考えにくいけど。

だから、ちょっとできすぎの結果に呆然。

次世代センターとして
運営側はプッシュしたいだろうから、
この結果は万々歳なんだろう。

島崎は、前田敦子と同じで、
何も持っていない。
そこがやすす的には
もしかしたらポイントだったり
するんだろうか。

不思議だ。




個人的には、内田眞由美中村麻里子
選抜入りに拍手を送りたい。



内田は以前の記事でも懸念したとおり、
中途半端な位置におさまってしまい、
今後のことを考えると、
「ああ……もう上昇は無理かなあ」
という気が強くするのだけど、
個人的にはホッとしている部分もある。

中村は、そのメンタルの多重性とか
いろいろ器用にこなせる部分とか、
にも関わらず弱いところやいまいちなところが
随所にほの見えるところとかで、
注目していた一人だったので、
ここでチャンスを何かに活かせるか。

他は木本花音竹内美宥
期待と不安が錯綜する感じかな。

内田や中村も同じだけど、
こういうチャンスを活かしきれずに
埋もれてしまうのはどうにかしたい。

中村、竹内、木本は特に
のんびり構えていない方が
よいのでは、と老婆心ながら思う。

三年連続でじゃんけん選抜に入っていながら、
いまひとつ伸び悩んでいる感じの
前田亜美が他山の石だろう。

内田は以前の苦い経験を活かせるかどうか。
あれだけ存在感を出していたのに、
自ら影を薄くしているところが
非常に気になる。


全体的には、去年ほどの
がっかり感は薄いものの、
やはりどうも、
何が起こるかわからないわくわく感は、
今年もいまひとつ感じられない。


まったく未知数のSKE48上野圭澄が、
どんな感じなのかが
焦点となるかもしれない。

現状、モーニング娘。と同じく、
後進が大きく育っていない感は
どうしても否めない。

このイベントが、何か
今後の情勢に影響を与えるか否か。

興味がつきないことは確かだね(^_^;)。



本日は以上です。
それでは、また~(^-^)/~~






0 件のコメント:

コメントを投稿