2012/09/28

週刊文春の“ちっさい”暴露記事に反応する小林よしのりの醜悪>AKB深夜合コン報道

ご訪問、コメント、ありがとうございます。
青木無常でございますよ。

佐藤亜美菜と近野莉菜が合コンしたと、
またまたあの週刊文春が暴露しましたが(^_^;)。

ナリナリドットコム 2012/09/27 の記事
AKB48の2人に深夜合コン報道、お相手はテニミュにも出演のイケメン俳優。

まずは、まあファンなら別ですけど、
「佐藤亜美菜」と「近野莉菜」。
ご存知でしょうか。

一般の認知度は、
極端に低い二人なんじゃないかと思います。
私はファンだし二人とも好きなので、
あまり言いたくはないんですけどね。

相手の男性陣も“若手俳優の”と枕詞が
最初につく以上、それほど有名な
かたでもないのでしょう。

これはもう、フックとしては「AKB48」
の部分しか存在しないわけで。
ネタ切れでしょうか。
それとも、何かの伏線なのかな。

伏線であっても、本線が出てこない限り
忘れられて当然な内容。

ニュースで紹介されている内容は
薄くて薄くて、ファンでもどうでもいい感じだし、
そっとしといてあげなよ、
と前回の前田の件同様、言いたくなる。

 ☆またしても小林よしりんの醜悪

で、こういう書き方は
ライティング上まずいんでしょうけど、
実は上の内容は前ふりなんです。

この記事だけなら、
別にここで言及しなかったかも、
なんです。

本当に言いたいことは、
小林よしのりは
本当にAKBのファンなのかってこと。

RBB TODAY 2012年9月27日(木)
 の記事
“深夜合コン”報道のAKB佐藤亜美菜らを小林よしのりがバッサリ「アイドルをやめればいいのに」


佐藤亜美菜や前田敦子のことを
本当に好きなら、
いちいち低劣な雑誌のやらかす
それこそ字義通り以外の何ものにもなり得ない
“スキャンダル”を“まとも”に受けて、
簡単に貶めるようなことを書くなってこと。

確かに、アイドルとしては
自覚が低すぎるのはおっしゃるとおり。

佐藤や近野が、
(特に前田暴露のあとで)
記事どおりの内容もしくは
記事に通底する内容の行為を
行っていたのであれば、
軽率のそしりはまぬかれまい。

それを「ファンだった」(しかもすでに過去形)子に
「歌舞伎町で深夜、男と遊ぶような不良」
と佐藤亜美菜を貶め、近野に対しても
「これからはファンになろうと思っていた」
と暗に切り捨てたことをわざわざ記載。

あえて言ってしまうが、幼稚。
などと言うと、50近いオヤジのくせに
AKB48に嵌まっている私に対して
「おまえが言うか!という的確なツッコミが
入っているのはちゃんと聞こえてます(^_^;)。

聞こえてますが、あえて言います。

佐藤にしろ近野にしろ、
そして前田敦子にしろ。

人間じゃん。

アイドルとしては確かに
自覚が足りなさ過ぎる。
失格の烙印を押されても
文句はいえないかもしれない。

だけど人間だと考えれば、
男の子と仲良くしたいのも、
酒飲んでハメ外したいのも
(未成年の近野は酒飲んじゃまずいけど)
別に当たり前の心理だろうが。

彼女らのこと好きなら、
彼女らの心情くらい“思え”よ。

彼女らに裏切られたと考える前に、
おまえはそんなに立派な人間なのかと
自問しろよ。

どうせ、もっと碌でもない行為を
あちこちで何回も
愚かしく醜く、
繰り返してるんじゃないのかね。

前田に損害賠償云々のファンもそうだが、
勘違いも甚だしいという気がするね。

いや、正直に言うと、
小林よしのり的立場のファンの気持ちも
わかるけど。

苦労して稼いだお金から
CDやら何やら買って、
一所懸命応援するのも、
彼女らが“アイドル”だからね。

前提として、擬似恋愛感情を
ファンに提供するのがアイドルの基本、
と考えれば、
恋愛禁止も当然の前提。

恋愛をにおわせる行為も、
そもそもルール違反。

わかりやすく言い換えると
“彼女”“彼氏”(もしくは配偶者とか)が
自分の知らないあいだに
他の異性と合コンしてた。

となりゃ、そりゃ怒って当然。



そりゃわかるさ。

でも、残念ながら相手はアイドル。

彼女だったとしても、
心の変化を縛るのは
無理だし無意味。

まして彼女ですらないんだから。

無理でしょ。
心理的に、縛れないでしょ。



にも関わらず、公に“否”を垂れ流す。
しかも、釘をさすとか今後のために、とかじゃく、
公然とファンやめた宣言。

醜悪に過ぎるし、佐藤や近野にも
酷だろう。
おまえがぎゃーぎゃーわめかなくても、
スタッフや心ない無数の似非ファンに
充分以上に言われてるだろう。

せめて黙って見てやれよ。
叩くのは強者だけにしてほしい。



まあもっとも、小林よしのりは
“度の過ぎた醜悪さ”も
ウリの一部ではあるんだけどね(^_^;)。

それに、小林よしのり的には、
相手は“ただのひとりの女性”ではなく、
自分が信者化しているアイドル
つまり“強者”として受け止めている
の、かもしれない、けどね(^_^;)。

でもファンと名乗っておきながら、
この程度のことで簡単に
ファンをやめますと公言するも同然の
発言を流したり、
ファンだった子を貶めるようなことを言ったり。

残念ですよ。



小林よしのりは弁が立つから、
もし仮にこんな意見を目にしたとしても、
いろいろ言葉を弄して
自分が正しいように言いくるめてしまうことが
たぶんできるでしょうけど。



あえて言ってしまう。
小林よしのりは
AKB48のファンではない。

AKB48の名前を利用して、
自分を売り込んでいるだけの
にせファン。

もうAKB48に言及するのは
やめてもらえませんか?



まあでも、合コンやりたきゃアイドルやめろ、
てのは、正論ではあるのだよね(^_^;)。
これは彼女たち本人が予測し、怖れ、備えてきた
“終わりの始まり”の、
ひとつの現れなのかなあ。



本日は以上です。
それでは、また~(^-^)/~~

0 件のコメント:

コメントを投稿