2012/07/17

あなたはUFOを信じますか!?

よく「UFOを信じるか」とか「幽霊を信じますか」とか、世間ではいわれます。
「超能力を信じますか」てのもありますね。

ですが、そんな思考停止した言葉をいわれると、
私のようなひねくれ者は顔をしかめてしまいますのでご用心を。

まずは、「UFO」から。

信じるも信じないも。

「UFO」てのは、「Unidentified Flying Object」
つまり「未確認飛行物体」という意味であります。

正体不明な飛行する物体であれば、風船であれコンビニ袋であれ
すべて「UFO」なのであります。

だから、信じるも信じないも、
正体が特定されていない飛行物体、てのは
古今東西どこにでも山ほど存在するわけで。

「信じる、信じない」以前のお話なわけです。
存在するんですから。

だから、宇宙人(もしくはそれに準じる何か)の乗り物のことをいうのであれば、
せめてエイリアンズクラフトとか、そんなようないいかたをした方が、
私のような人間にバカにされずにすむわけです。

ただ、こんなもってまわった、しかも耳なれない言い回しをすると、
「おかしなヤツ」「近づかないほうがいいかもしれない」
と思われてしまう恐れは非常に大きいですが(T_T)。

まあ、でもそれに、いまやアメリカ人ですらエイリアンズクラフトの意味で
「UFO」という言葉を使うらしいので、
誤解されるおそれはほぼない、という意味で、
「UFO」と使いつづける方が無難かもしれませんね。



で、次に「信じるか」の部分。
(「幽霊」「超能力」の部分は、ここではおいておきます)

この手の質問の場合、なんでこう、
「二者択一」の形になってしまうんでしょうねえ。
一番正しい解答は「わからない」だと思うのですが。

だって、いる証拠も、いない証拠も、きちんとあげられる人がいたら、
もうとっくに結論は出ているでしょう。

なのに「わからない」と答えると、
どちらかというと「信じる」側に分類されそうだし。

ちがうのにー。



アカデミックな世界の人たちだと、
「存在しない」とお答えになる人が多いのかな。

地球外生命体。
死後の世界。
超常能力。

どれも、かつてその存在の可能性に大きな期待がかけられ、
あきれるくらい検証がくりかえされてきたことだそうです。
現在では、上のようなことを口にすると「非科学的」というレッテルを
貼られてしまう風潮が強いですけど、
黎明期においてはまじめにその存在を仮定して検証がくりかえされてきた、
ということらしいです。

でも、確証は何ひとつとして得られなかったそうな。
だから、科学的には存在しない、と考えられるようになったらしいです。

でも、どの分野にも、どれだけ検証しようと、
存在する証拠はないが否定しきれる証拠もない、
という実例が、必ず残ってしまう、のも、事実らしいんだそうな。

だから、正しい答えは「わからない」だ、と、
個人的には決めています。

みなさんは、「信じる? 信じない?」と問われて、
どう答えていらっしゃるのでしょうか。

質問の形式が二者択一でも、答えがそのどちらかだとは限りませんよね。

だまされている人がいたら、お気をつけ下さいね。
うふふ。


超常現象関連



※この記事は アメブロに投稿した記事のバックアップです


0 件のコメント:

コメントを投稿