2012/07/17

世界のご当地バーガー だけど記事はいまいち

ちなみに、さっきのロシアのご当地バーガーの
関連記事でひっぱれたのが下記。

海外マクドナルドの「メチャ美味しいご当地ハンバーガー」ランキングBEST10
ロケットニュース24 2011年8月25日

http://rocketnews24.com/2011/08/25/124725/?utm_campaign=Partner%3A+biglobe&utm_medium=partner&utm_source=biglobe

1位がドイツの「ナチョビーフバーガー」
ドイツなのにトルティーヤをはさんだのが特徴のバーガー。
中米のコーンチップスがなんでドイツのご当地バーガーに、
という点については何も解説がなかった。
説明文からはそんなに食べたい感は受けませんねえ。

2位が韓国の「グランドプライムバーガー」


パテのうまさに衝撃を受けた、と紹介されているものの、その後に続く

「もしかしたら日本のものよりも美味しいかもしれない」
の一文がすべてを台無しに。

そりゃ日本の食文化は世界に誇れるというひともいるだろうし、

日本人には日本のものが一番なのも間違いないだろうけど、
お肉の本場韓国のお肉の味を紹介するのに、「日本のよりおいしいかも」
とこられたら……。

味付けも「まるでタコス」とあり、こちらも韓国らしさがない。


3位がデンマークの「ウィンターワンダーバーガー」

ケチャップなしで、マヨネーズとトマトのスライスが特徴で、
パンには粉末カリカリチーズがふりかけられているとのこと。

デンマークらしさが出ているかどうかは、

デンマーク自体になじみがないので全く不明だけど、
これはおいしそう。食べてみたい。

以下、インド、イギリス、イタリア、オランダ、アメリカ、タイ、10位が中国とつづきます。


インドの「マハラジャマック」は名前だけは発売当初のニュースで知っていて、

「インドのマックか~。食べてみたいな~」とずううと思っていたのだけど、
このレビューによると「ビッグマックの肉が鶏肉になった」ようなものとのこと。

基本的に「鶏肉のハンバーグ」ということで、

味は「細かな」違いがあるらしいけど、
レビューを読む限り、どうしても食べたい感は激減。

おいしそうなのはオランダの「マックコロッケバーガー」で、

ポテトコロッケにタルタルソース(わずかながら牛挽き肉)の
非常にシンプルな構成だが、われわれ日本人にも実になじみそうなイメージ。
食べてみたい。おいしそう~。

記事全体としては、

主旨は海外のご当地バーガーがおいしい、という内容だけど、
あんまりおいしそうには感じられなかったです。

まあ、最終的には「マクドナルドだしね」の一言がくっついて、

ちゃんちゃん、という感想もなきにしもあらず、かもしれませんね。

いや、マクドナルドは好きですけどね。

ジャンクフードだのバンズがふにゃふにゃだの
添加物がどうの、いろいろいわれてるけど、
やっぱり安くて手軽でおいしくていいですよ。







でもこっちで我慢だってば!







マクドナルド









※この記事は2012年07月03日 22時28分20秒アメブロに投稿した記事のバックアップです



0 件のコメント:

コメントを投稿