2012/07/17

移転済>読書録『死者の代弁者』上・下

Amazonリンク




この記事は別ブログ
無名戦士の黒い銃に移転いたしました。

こちらから閲覧いただけます。


記事内容抜粋:

・異知性種族ペケニーノ、通称ピギーが発見された惑星ルジタニアで、異類学者ピポは、数年前の疫病で両親をなくして天涯孤独となった少女ノヴィーニャを試験することになった。彼女の両親は疫病の際、特効薬を発見し植民地を滅亡から救ったことで聖者に列せられたが、彼ら自身の生命を救うにはまにあわなかったのだ。ピポはノヴィーニャと話し、両親の跡を継ぐという彼女の決心が硬いのを確かめ、試験を受けさせ、合格となった。ノヴィーニャは異生物学者として頻繁にピポのところを訪れ、彼を父のように慕い、またピポの息子のリボとも親しくなっていった。
 ピギーの中でも特に地球人との接触に積極的なルーターという雄が、リボに地球人の女性に関する質問を頻繁にする。かつてのバガー滅亡の悲劇をくりかえさないためにスターウェイズ議会はピギーとの接触を最低限に留める厳しい規定を定めていたため、ルーターの質問に異類学者親子は満足な解答を与えることができない。地球人の持ついかなるテクノロジーを与えてもならないため研究ははかどらず、またピギーとの接触は異類学者の二人に限られていたため、ノヴィーニャもまたもどかしい思いを抱いていた。リボとノヴィーニャは、女性を神聖視しながら蔑みの対象ともしており、決して地球人に見せようとはしないピギーの生殖の実体を…続きはこちら

Amazonリンク

0 件のコメント:

コメントを投稿