2012/07/17

移転済>読書録『エンダーズ・シャドウ』上・下

Amazonリンク






この記事は別ブログ
無名戦士の黒い銃に移転いたしました。

こちらから閲覧いただけます。


記事内容抜粋:

・ロッテルダムの路上で、飢え死に寸前の浮浪児となった幼児のビーンは、小さな浮浪児集団の女ボスであるポークに目をつけた。彼女もまた年端もいかず、目先もきかないために、彼女の一団は餓死の危機に瀕していたが、それだけにビーンのような幼児のいうことにも耳を貸すだろうと考えたのだ。ビーンは、もっと年長のいじめっ子のひとりを全員で襲っていうことをきくよう強要し、配給所で他のいじめっ子たちへの牽制役をやらせるよう提案する。通常、配給所では彼らのような幼い子どもたちは、年長のいじめっ子たちに弾き出されて中に入ることすらできず、ボランティアの大人たちもそこまでは目がいき届かないのが現状だった。ポークはビーンの案を受け入れ、ポークから6粒のピーナツを手に入れることでビーンは目先の餓死から免れる。
 だがポークは、アシルという、いじめっ子の中では最低ランクの、体の小さく足に障害のある少年を選んでしまう…続きはこちら



Amazonリンク



0 件のコメント:

コメントを投稿