2012/07/17

その高橋容疑者が、菊地直子容疑者と同棲していた寛人容疑者に「金を脅し取られた」件

そのオウム真理教元(?)信者、高橋克也容疑者が、
菊地直子容疑者と同棲していた高橋寛人容疑者(こっちも高橋かよ!)に
「金を脅し取られていた」件。

高橋寛人というひとが菊地直子が"あの"菊地直子と知っていて
いっしょに暮らしていたとかいう報道をみていて、
なんか純愛物語みたいだなーとか思っていました。

別に、どこもそんなこと云ってなかったのかもしれないけど、
なんかこの高橋寛人という人は"いい人"なのだろう、と、
漠然と思いこんでいたのです。

高橋克也容疑者は「脅しとられた」といっていて、
高橋寛人容疑者(ええい、ややこしい!)は「借りた」とかぬかしてて、
二人のいっている金額も微妙に違うし、

まあ、寛人容疑者の「借りた」てのは、
かなりいいわけっぽいよねえ。

なんつーか、勝手に思い込んでいただけなんだけど、
いい人だと思っていた人の、
"仮面の裏"のどすぐろい、うす汚い顔を、
ぐぁあっと、つきつけられた感じ。
若干、落ちた……。


ぜんぜん関係ない話だけど、
前の記事のネタ元から、
「ヤキ・インディアン」という言葉をひっぱってきたんだけどさ。

「インディアン」て呼称は、差別用語ではなかったっけ。
「ネイティブ・アメリカン」という言葉に
置き換えなきゃならなかったような気がしていたのだけど、
でも確かにもう何年も前からマスコミで「インディアン」と
平気で書きまくられているのは気になっていて。

日本では最初からあまり気にされてなかったのかな。

どっちにしても、「ネイティブ・アメリカン」て呼びかた自体、
"かれら"(としか、この文脈では呼称しづらい)のことを軽視している
感じが強いと感じるのは私だけ?


ネイティブ・アメリカン関連


追記:wikipediahttp://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%A4%E3%83%B3%E3%83%87%E3%82%A3%E3%82%A2%E3%83%B3で見てみたらどうも私の勘違いというか、「インディアン」が当事者たちが歴史的呼称として誇りをもって自称している呼称で、「ネイティブ・アメリカン」はエスキモーやハワイの人たちも含めた総合的な呼びかた、らしい。
どちらかというと、当事者によく思われていないのは、
「ネイティブ・アメリカン」の方らしいです。
「インディアン」て、直訳すると「インド人」てことだし、そのへんで勘違いしたのかもしれません。
うろ覚えで書くもんじゃないですね。



※この記事は2012年06月20日 10時05分38秒にアメブロに投稿した記事のバックアップです



0 件のコメント:

コメントを投稿